顔の中にタテラインを作るだけで小顔に。最新“ノーズシャドウ”テクニック

2016.12.09

こんにちは。CHIHARUです。
 
写真うつりや全身の見映えの中でも「小顔」にみせるってとても大事ですよね。
日々のシェイプアップやエクササイズの他にも、ちょっとしたテクニックで顔を小さく見せる方法があるんです。
今回は、顔を即効でスリムに見せる裏技をご紹介します。

ポイントは、顔の中のタテラインを強調すること。
 
例えば首からショールやマフラーを垂らすと
ボディのタテラインが強調されて、細く見えますよね?
顔も同じ。
 
では、顔の中のタテラインとは何でしょう。
そう、鼻筋のことなんです。
 
この鼻筋が、すっと長く通っていると、
顔のタテラインが強調されます。
加えて、鼻の高さを演出することで、
顔の両サイド、つまり頬が奥に引っ込み、
横幅がほっそり縮んで見えるという仕組みなんです。
 

難しく考えなくても、方法は、とっても簡単♪
 
眉毛を描いたあと、眉頭についたアイブロウカラーを、
指で鼻つけ根の脇までさっとぼかすだけ。
すると、鼻脇にうっすらした影が再現できるので、
鼻がすっと高く見え、彫り深の小顔に。
 
昔流行ったノーズシャドウとは違って、
入れていることが分からないくらい
とっても自然。でも、小顔効果はバツグンです。

 さらに、このメイクテクニックと併用して、
スキンケアでも簡単小顔ケアを取り入れましょう。
 
乳液や美容液をなじませるときは
顔の中止から外側にむかって、頬を持ち上げるように
リフトしながら耳横へ。
そこから首筋をなで下ろすように
マッサージ塗りすると、むくみの原因となる、
老廃物が流れやすくなるからおすすめ。
 
くすみもオフできて、肌トーンがアップしますよ。
 
小顔になれるメイク&スキンケア方法、
ぜひ試してみてくださいね。 

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

undefined

Recommend

undefined