忙しくて適当なものを食べてない?体の内側を磨く”食べ方”の基本3ヶ条

2016.12.09

こんにちは。CHIHARUです。

皆さんは食事をするとき、何に気をつけていますか?
口から入るものは内側から自分の美を作る大切なもの。
今回は、
CHIHARU流 美と健康を作るインナーケアについてお話したいと思います。

1.朝起きたら”お白湯”を

まず朝起きたら、白湯を一杯。
モデルさんや女優さんの間でも人気なので、
ご存知の方も多いと思いますが、
本当に身体がぽかぽかと温まって、
お肌の調子も良くなります。
お白湯なら、胃に負担をかけないということも朝に大切なポイントです。

2.食べるものは”本当に自分に必要か?”を意識して

次に気をつけていることは、食べる順番。
基本的には、最初にサラダなどの野菜を食べてから、
良質なタンパク質、炭水化物を食べるようにしています。

そして常に心がけているのは、
自分の“身体やエネルギーのために必要なもの”を、
感謝しながらゆっくりと食べるということ。

仕事のときは、食事の時間が
きちんととれないときがありますが、
空腹を紛らすためだけに“適当な何か”を
口にするぐらいなら、
いっそ食べないほうがいいと思っています。

実は私自身、ヘアメイクになりたての頃、忙しさから
慌ただしい食事をしていたことがあったのですが、
身体が欲していないものを食べているせいで
却ってストレスが溜まっていたことに気がついたんです。
「ムダなものを食べるぐらいなら、あとでゆっくり体が喜ぶものを食べよう!」
この意識を持つだけで、身体も気持ちも軽くなりますよ。

3.栄養バランスを保つサプリ&酵素ドリンクを活用

また、忙しくて栄養バランスが偏りがちなときは、
サプリメントを上手に活用するのがおすすめ。

そのひとつが、酵素ドリンクです。

もともと私たちの体の中では、あらゆる生命活動のために働く
“酵素”が存在しているのですが、
年齢を重ねると数が減少。代謝力が落ちて、
脂肪がつきやすくなってしまうのも、そのせいと言われています。
かといって食事だけで必要な量の“酵素”を摂るのは大変!

だから酵素ドリンクが便利なんですね。
ただし酵素は熱に弱いので、選ぶときは、きちんと
“酵素が生きているもの”を選ぶことが大切。
私は、低温殺菌で酵素がたっぷり摂れる37℃の
「ティルスプラス45」がお気に入りです。

CHIHARU流インナーケア、いかがでしたか?
少しの心がけで体の調子も大きく変わってきます。
ぜひ、試してみてください。

■CHIHARU

ヘアメイクアップアーティスト。
1986年、第72期生として宝塚歌劇団入団。雪組・花組で男役スター、矢吹翔として活躍。在団中からメイクの勉強を始め、退団後はプロのヘアメイクアップアーティストに。舞台ヘアメイクのプロデュースをはじめ、女性誌の美容企画、美容セミナー、CMなど幅広いステージで活躍。女優、タレント、モデルからの支持も厚い。

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

undefined

Recommend

undefined