3分で外国人風まとめ髪ができるHow to♡ギブソンタックで憧れのセレブへアに

ギブソンタックという言葉はご存知ですか?手が凝った風に見える外国人風のまとめ髪のことです。なれたら数分でできるようになるので、ぜひこれを読んで練習してみてくださいね。

2015.03.02 更新

簡単にセレブ風のまとめ髪にするなら『ギブソンタック』

『ギブソンタック』という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
ギブソンロールとも呼ばれることのある、低めの位置で髪をまとめるアレンジの名前なんです。髪の毛を内側に織り込んでいるのでコンパクトにまとめられる、アメリカ発のアレンジヘアーです。

作り方は意外と簡単

いろんな方法で作ることができる『ギブソンタック』ですがこの写真の方法では
①上半分をまずゴムで縛ります
②結んだ髪の毛を結び目に通します(くるりんぱの要領ですね)
③すべての髪の毛を持ち先ほどの結び目の中に織り込みながら、まるめながら入れていきます。この時ピンで数か所止めるとしっかり止まるので安心ですね。
④全体をつまみながらほぐすと完成です。

こちらは、髪の毛が短め(ミディアム~ボブ)くらいの方にオススメの方法。
①左右半分に髪の毛をわけて、ねじりながら反対方向に向かってとめます。
②反対側も同じようにします。そして、毛先が出ないようにねじりこんだところにピンで数か所止めます。

ねじったところを丁寧にほぐすとよりニュアンスが出ますね。

毛先がうまくまとまらないときは、このように大ぶりのアクセサリーをつけてカモフラージュするのもオススメです。

①一つ結びにしてくるりんぱをします。
②そこに髪の毛を何度もとおしてぐるぐると巻きつけていきます。
③最後の毛先を中にまとめると完成です。ピンで数か所止めると安心ですね。

この方法は髪の毛が長い方にオススメですね。

少しアレンジを加えた形ですが、こちらは三つ編みを上にどんどん織り込んで行って最後ピンでまとめる『ギブソンタック風アレンジ』です。三つ編みをするだけでいいのでとても簡単ですね。

ゴムは強度のあるものがオススメ

簡単なアレンジですが、ゴム一本にほとんどの髪の毛の重みが来るのでゴムは絶対『太めでしっかりしたもの』をオススメします。細いビニールのゴムで結ぶと途中で切れちゃうなんていうアクシデントが起こる可能性もあるかもしれませんよ。

スプレー一振りで『夜までいいニュアンス』を保てます

いいニュアンスを出しても『時間がたつとペタンコになってる‥!』や『後れ毛のウェーブが取れてる』なんてガッカリしたことはありませんか?
アレンジがきまったら、スプレーをサッと振るのが夜まで素敵なアレンジが長持ちする裏ワザですよ。

ツヤを出してヘアアクセサリーをつけたらクラシカルな雰囲気にも。

パーティヘアにもぴったりです。

あえてラフに作ると普段のスタイルにもマッチしますね。崩し方がポイントです。

下のほうにまとめるバランスは大人っぽく仕上がるので素敵ですね。
普段のアレンジにもパーティヘアにもオススメなギブソンタック。簡単なのでぜひ練習してできるようになってくださいね。

キュレーター情報

平井 薫子 (Yukiko hirai)

大阪府枚方市で美容師をしています。
『今よりもっと絶対にお客様の魅力を引き出す』ことをお約束させていただきます。

美容情報をブログで毎日更新中です

美容関連まとめ

CURATOR

平井薫子
平井薫子

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    by.Sで記事を書いてみませんか?