天海祐希さんの"潔い恋愛観"..その真っ直ぐさに女性でも惚れてしまいそう

憧れの上司やいつまでも美しいアラフォー女優として常にランキング入りを果たし、宝塚在団中からトップ女優としてのキャリアを積み重ね続ける天海祐希さん。生きがいを仕事を称するほどストイックなことで知られる天海さんが時折語る恋愛観は、やっぱり憧れてしまうほどカッコ良かったんです。

2015.04.04 更新

かっこいい女性の代名詞で、年齢とともに年々魅力を増す「憧れのカッコいい女」の代名詞天海祐希さん。そんな天海さんの堂々と生きる自立した女性の恋愛観がかっこよすぎるんです。

山口香月@_ky0769

天海祐希本当チャーミングだよね超好き

好きな有名人は!@yuumei32

私は、天海祐希さんが好きです。凛とした佇まいは、とても格好よくてオーラを感じます。同じ女性として、憧れの存在です。

宝塚トップスターから女優へ。華麗なるキャリア

天海 祐希さんは、1967年8月8日(47歳)東京・上野出身。

宝塚音楽学校に首席で入学後、天海さんは1年目~7年目までの新人達だけで演じる"新人公演"の主役にわずか入団1年目で選ばれます。そして並み居る先輩方を飛び越し入団7年目でトップスターになるという、最速記録を打ち立てます。

1993年に初舞台から7年(正式には6年半)で月組トップスターに就任。天海の後任になる月組男役トップスターは3代(久世、真琴、紫吹)続けて天海より上級生であることや、天海以降入団後10年以内に男役トップスターになった生徒は居ないこと、また、この年行われた『ミリオン・ドリームズ』『風と共に去りぬ』新人公演主演(在団7年目まで)は、天海の同期生である姿月あさとが演じることになったことからもその出世の速さがわかる。

出典 http://ja.wikipedia.org

退団後、女優として映画やテレビドラマ等で活躍。2004年ドラマ『離婚弁護士』で主演をつとめ大ヒット。その後も次々と話題作の主演を務め視聴率女王となりました。女性が選ぶ“イイ女”ランキングと新社会人が選ぶ「理想の上司」は4年連続1位を獲得。デキる女である部分に加え、ちょっぴり“抜けてみえる”キャラに親しみを感じさせ、女性にとっての飾らない憧れのかっこいい女性像となりました。

いつまでも美しい憧れのアラフォー女優ランキング

1位 天海祐希
2位 松嶋菜々子
3位 吉瀬美智子

出典 http://ranking.goo.ne.jp

宝塚出身女優人気ランキング

【1位】天海祐希(55.7%)
【2位】真矢みき(11.6%)
【3位】大地真央(9.8%)

出典 http://news.ameba.jp

新社会人が選ぶ「理想の上司」

1位 天海祐希
2位 麻木久仁子
2位 勝間和代

出典 http://toyokeizai.net

「生き甲斐は仕事。」自他共認める仕事人間の恋愛観とは?

天海さんが心筋梗塞で入院と報道されたのは、2013年5月のことです。軽度の心筋梗塞で病院に入院。心筋梗塞の危険因子は、過度の過労や、緊張などのストレス、睡眠不足や頑張りすぎであると言われています。生き甲斐を聞かれると「お仕事です」ときっぱり"仕事人間"であることを認めるストイックな天海さん。一倍責任感が強く、今まで仕事を休むということもほとんどなかったそう。

生き甲斐を聞かれると「お仕事です、趣味がないので。(ファンから)『頑張る勇気をもらった』と言われるのが一番うれしい」と“仕事人間”ぶりは相変わらず。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

一方、独身であることも度々話題になる天海さん。そんな天海さんの恋愛観とはどのようなものなのでしょう。

天海は「徹子の部屋」で黒柳徹子(81)と「独身同盟をつくろう」と盛り上がり、親友といえばマツコ・デラックス(42)。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

潔すぎる天海祐希の恋愛・人生観

天海さんは、仕事に支障をきたすようなパートナーは必要ではないと考えているそう。いろいろな経験をしてきて、今の恋愛観に至ったのは30代半ば頃からだったそうです。その天海さんの言葉たちからは、一流の仕事を20年以上に渡ってし続ける大人の女性だからこその恋愛観が感じられます。

「30代、40代になってくるとどうでもいいやって思えてきちゃうので、今、頑張ってください。私は結婚するかしないかは決めていませんが、積極的に婚活はしておりません」と潔く語り、学生たちをひきつけた。

出典 http://www.oricon.co.jp

1.頑張らないと振り向いてくれないような相手はどうでもいい。対等じゃない。ありのままの自分でいて、うまくいく相手とはうまくいく。

2.相手を放っておくっていうのは、相手にかかわらないことではなくて、相手を信頼すること。

3.好きな人とつながっていたいという思いから、かまい過ぎて距離感を見失い、相手も自分も疲れてしまうことってある。人には少し、放っておいて欲しい時もあるし、その見極めができる女性がいい女なんじゃないかな。

4.「幸せですよ、お付き合いしてる人とかいないですよ、全然いないですけど、全然普通に幸せです

5.自分を変えるっていうことは、一番難しくもあり、最も身近な革命でもあるんですよ。

6.自分の人生に誇りを持つということ。特に年齢を重ねた人の美しさは、内側から滲み出てくるような気がします。その人が経験した全てのことが、表情やシワの一つひとつに刻まれて輝きを増していくというか。

7.勝ち組・負け組というけれど、私はどちらに属する人も、それぞれ“勝ち”の部分と“負け”の部分を持っていると思うんですよね。そして、その自分の中の“勝ち”を増やしていくことで、自分に自信が持てるんだと思う。

理想のタイプを聞かれると、そんなのはるか昔に忘れてしまったという天海祐希さん。今はあえて婚活もしていないそう。凛と立ち続けるカッコいい女・天海さんの言葉はがんばる女性たちに元気を与えてくれますね。

WRITER

s
s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    by.Sで記事を書いてみませんか?