感動作品の世界へ!❝カフェ・アルジャーノン❞で迷路やパンケーキを楽しもう!

2015.04.14

可愛いアルジャーノンがお出迎え!

神田駅から徒歩3分ほどの場所にある早川書房。その1Fには「カフェ・クリスティ」というカフェがあるのですが、現在は「アルジャーノンに花束を」をテーマとした❝カフェ・アルジャーノン❞がオープンしています。このお店では毎シーズン新しいテーマのイベントを開催しており、前回はカフェ・ポアロとして営業していました。

❝カフェ・アルジャーノン❞の扉をあけると、可愛いアルジャーノンのぬいぐるみたちが出迎えてくれます。アルジャーノンとは「アルジャーノンに花束を」のストーリーに登場するハツカネズミのこと。今季のドラマでも山下智久さんが演じる主人公と密接に関わります。

原作本を読みながらカフェタイム

日本での「アルジャーノンに花束を」の出版は、早川書房からなされています。店内には「アルジャーノンに花束を」をはじめとするダニエル・キイスの作品がズラリと並んでおり、これらを読みながらカフェタイムを過ごすこともできます。

この作品はアメリカの作家ダニエル・キイスが書いたSF小説です。32歳になっても幼児と同じくらいの知能のままの主人公が、手術によって天才に変貌していくというストーリー。
大学での実験に使用されていたネズミのアルジャーノンとの出会いや、主人公が書く日記のような経過報告が綴られています。天才になった後に生まれる心の葛藤や、その後に起こる切ない展開に多くの読者が涙した作品です。

サイドの窓には作品に関する展示

店内には作品に関する情報が沢山展示されています。各テーブルには色とりどりの花も飾られています。テーブルごとに花の種類や色がことなるので、自分の好みの花がある席を見つけて寛いで下さい。

原作やドラマを全くしらない人でも、この店でゆっくり時間を過ごせばどんなストーリーなのか、知り尽くすことができそうです。

迷路レースにチャレンジ!

店内では読書や食事の他に、迷路ゲームを愉しむこともできます。所要時間は5~10分くらいで、原作やドラマに登場する迷路のシーンを思い出しながら遊ぶことができます。

アルジャーノンのスペルのアルファベットが一つずつ迷路になっており、そのまま部屋に飾るためのお土産として持ち帰るのも良いでしょう。

脳を活性化するオムライス

写真は❝脳を活性化するオムライス❞と名付けられたメニュー。炭水化物に含まれるブドウ糖で脳を活性化!食べられる花のエディブルフラワーが添えられたサラダもついています。お好きなドリンクも選べて、価格は900円です。中にはひき肉がたっぷり入っています。

アルジャーノン風パンケーキセット

このパンケーキは14時から17時までの限定メニューです。運がよければ、それより前の時間でも作って頂けることがあるので、ランチでの利用の場合は、注文が可能か確認してみることをおすすめします。

アルジャーノンの姿が描かれたパンケーキは、現在もっとも人気のメニューとなっています。この他にも迷路ハンバーグ・ステーキや、チャーリィのサンドイッチなど原作をモチーフとしたメニューがいくつも用意されています。

ぬいぐるみと一緒に撮影も可能!

混雑時でなければ、店内に飾ってあるアルジャーノンのぬいぐるみと一緒にテーブルで撮影をすることも可能です。まるでアルジャーノンが本当に動いているかのように、色々な角度から写真をとることを楽しんでいるグループも沢山います。

花言葉のコースター

食後のドリンクの際には、花言葉が書かれたコースターもプレゼントされます。温かいドリンクをオーダーした場合でも必ずもらえるのは嬉しいサービスです。数種類あるので、グループで訪れれば全員違う花のカードを手にすることができるかもしれません。

愛のメッセージカード

ゆっくり料理を満喫したあとは、愛のメッセージカードの記入をします。大切な誰かへのメッセージを書き入れ、店内の特設スペースに自身の手で貼り付けていきます。

ドラマの反響もあり、現在はこれだけ沢山のメッセージカードが集まっています。とても素敵なメッセージは、早川書房のTwitterで紹介されることもあるそうです。

全ての人の幸せを願って

「アルジャーノンに花束を」を通して、多くの人が大切な何かを見つめるきっかけになればと私は思います。そしてもし、この作品の主人公のように知的障がいを抱えながら頑張って毎日を過ごしている人が、街中で困っている姿を見かけた時には、是非協力してあげて欲しいです。

このカフェに訪れることで、きっと貴女も優しい気持ちになれるはず!4月28日までの期間限定カフェなので、興味がある方は是非お早めに足を運んでみて下さい。

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend