ご飯に詳しい人が仕事も出来るのは当たり前。/仕事上手は恋愛上手 byはあちゅう

2016.12.09

No.20/ご飯に詳しい人が仕事も出来るのは当たり前。

仕事の出来る人は、大抵美味しいお店に詳しい。

別に新オープンのレストラン情報を
全部知っている必要はないし
食べログやミシュラン信者である必要はないけれど
社会人なら、上司や友人のネットワーク、そして自分の足で得た
独自の「ここぞという時のご飯リスト」を持っていてほしいです。

そのリストは、身の周りの情報にアンテナを張るまめさと
実際に足を運ぶ行動力の賜物。
仕事の知識・人脈と同様、社会人なら必ず持っていて然るべきなのです。
自主的に新規開拓やリサーチをして、
リストが定期的に更新されていることも重要です。

私は編集者の方との打ち合わせが多いのですが、
彼らが調べてくれる
カフェやレストランは大抵当たりなので
毎回打ち合わせが楽しみです。

打ち合わせは別にお茶を楽しみにいくわけじゃないから
本当はチェーン店でいいのだけど、
編集者さんが指定してくれるのは
豆にこだわった珈琲屋さんだったり、紅茶の専門店だったり、
ちょっと趣向を変えて中国茶のお店や甘味処だったり。

送られてきた食べログのURLを見て、
密かにクチコミをチェックした時に
「あ、自家製ジンジャーハニーソーダっておいしそう」
「これ頼みたいなー」
とひとしきり盛り上がってしまうようなお店なら
その時点で相手への好感度が高まります。

わくわくするお店を選んでくれる人とは、
いい打ち合わせが出来る確率も高いのです。
どうせなら、楽しくなるような場所を、とか
ちょっと面白いお店へ、という工夫はその人の生きる姿勢です。

その能力はもちろんデートにも生かされます。
特別な時じゃない日常にわくわくを足せる能力があるかどうか。

お店一つの事で、好奇心の有無、食の相性、リサーチ能力、トレンド感度などなど
いろんなものがわかってしまうんですよね。
仕事の出来る人ほど、それが経験として身についているから、
お店選びをないがしろにしない。

ちなみに、いつも誰かに連れて行ってもらっている側の人にもその能力はありません。
相手に楽しんでもらうにはどうしたらいいだろう、という気遣いがあれば、
自主的にお店を選んだり、調べたりするはず。

いいお店に出会った時に「今度はこの人と一緒に来たい」
という相手が思い浮かべられることが、独自のリストづくりの第一歩だと思います。

▼はあちゅうさんの新刊「半径5メートルの野望」好評発売中。

---------------------------------------------------------------
■はあちゅう/本名:伊藤春香(いとうはるか)ブロガー・作家。慶應大学法学部卒業後、電通、トレンダーズを経てフリーに。最新作「半径5メートルの野望」(講談社)が好評発売中。

■はあちゅうさん主宰のオンラインサロンはこちら↓

■はあちゅうさん出演YOUTUBE「ゲスアワー」↓↓↓

■はあちゅうさん著書はこちら↓↓↓↓↓↓

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend