菅野美穂 第1子出産!「選んでくれて幸せ」多忙な堺雅人を支える献身的な姿に憧れる

2013年に電撃結婚をした堺雅人・菅野美穂ご夫婦が、2015年8月13日に待望の第一子の出産を発表しました。結婚後、陰ながら多忙な夫・堺さんを支えていた菅野美穂さんの、良妻エピソードをご紹介します。

2015.06.21 更新

2013年に結婚を発表し、お茶の間を賑わせたビックカップルである堺雅人・菅野美穂ご夫婦。結婚後、菅野さんがメディアでのインタビューでたびたびのろけるような発言を披露する等、そのおしどり夫婦ぶりは日本中を幸せな気持ちにさせてくれます。

そんなご夫婦が8月13日に第1子となる男児を出産したことを発表しました。

「たくさんの皆さんに支えられての妊娠期間だったこと、重ねて、周りの皆さんに助けられて出産できたことに、心よりの感謝を申し上げます。これからは新たに一母としても精励して参りたいと思います」

出典 http://news.yahoo.co.jp

今後の菅野さんの活動については、自分の体調や周りと相談しながらとのこと。待望の第一子を授かられた裏には、菅野さんが家庭第一で夫を支えていた背景がありました。

「堺雅人イヤー」には自らの仕事は抑えて家庭を守る

結婚を発表した2013年は大ヒットドラマ「半沢直樹」が放送され、堺雅人イヤーと言われるほど連続してヒットを飛ばした堺さんは、ドラマ以外にも引っ張りだこに。そんな彼を支えるため、菅野さんは自らの仕事量を調整して、補佐する側にまわっていました。

菅野さんが家で気をつけていることがあるそうなんですよ。それは、堺さんが仕事を終えて帰ってきたら、必ず笑顔で“おかえりなさい”と迎えてあげるということ。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

「“私たち、何のために結婚をしたの”なんていう後悔は絶対にしたくない。だから、いまは私ができるだけ家にいてあげたいの――」

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

納豆・冷や汁..あくまで「素朴なごはん」で食生活を支える

菅野さんは趣味が料理で、得意なメニューは餃子。

堺さんが帰ってくるとホルモンやステーキなど“精のつくもの”を作ってあげる

出典 http://jisin.jp

最近の菅野さんは漫画『きのう何食べた?』にハマっているそうで、そこに出てくる料理を作っては『これ食べると幸せになれるんだって』と堺さんにのろけている

出典 http://jisin.jp

しかし、ご夫婦が好きな料理は、あまり手の込んでいないものなんだそう。

好物は菅野が納豆に卵かけごはん、堺が冷や汁

出典 http://news.infoseek.co.jp

服のコーディネートから下着の配達まで。夫の足りないところは積極的にサポート

夫の服を毎日コーディネート
実は、私服のダサさで定評のある堺雅人さん。しかし、結婚後はスタイリッシュになったと話題なんです。その理由は、菅野さんが堺さんのファッションをコーディネートするようになったため。

私服のコーディネートまで担当

出典 http://news.infoseek.co.jp

こんばすちゃんバギンズ@cbhuman

堺雅人は「私服がダサい」でフライデーにのった男だからなめてはいけない

記事では、「ドラマでのスーツ姿とは対照的に、いささか残念な私服姿」と紹介。メガネにチェックのシャツで、ハイカットの白スニーカーにズボンをインする斬新な装いと書かれていました。

出典 http://galtore.net

主人の下着の配達も
半沢直樹のロケ地である大阪へ、洗濯物を届けることも。撮影時の大阪は猛暑であったため洗濯物がたまり、それを補佐していたそうです。

菅野さんは、そのたびに自宅で洗った洋服や下着を彼のもとに送り届けてあげている

出典 http://jisin.jp

酔っ払った夫の介抱まで
ワイン好きの菅野さんは、お酒で潰れることは少ないそうですが、夫の堺さんは潰れてしまうタイプ。そんな夫を甲斐甲斐しく介抱するのも、菅野さんの役目なんだそうです。

酔うほどに明るく元気になる菅野と違い、酒好きだが弱い堺は、記憶をなくすまで飲んで先に酔いつぶれてしまう。

出典 http://news.infoseek.co.jp

言いたいことはハッキリというタイプ。女性に甘える男は嫌だとおっしゃってますし、自立という言葉がインタビューでよく使われます。

出典 http://thisisenglish.jp

内面も素敵なビックカップルである堺・菅野ご夫婦。これから、どんな家族をつくっていくのか、暖かく見守っていきたいですね。

CURATOR

kahonyun
kahonyun

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    キュレーター募集