生きている限り、私はランウェイを歩くー84歳の現役スーパーモデル・カルメンの言葉

入れ替わりの激しいモデル業界で、84歳の今なおランウェイを歩くスーパーモデルを知っていますか?彼女の名前はカルメン・デロリフィチェ。やせぎすの身体を生かすために15才から始めたモデルのキャリアは69年にも及ぶカリスマです。彼女の言葉には「美しく年齢を重ねる」ための知恵とユーモアに溢れています。

2015.08.20 更新

唯一無二のスーパーモデルーカルメン・デロリフィチェ

 モデルは弾けるように美しく選ばれた人間が若い時期だけにする職業と思っていませんか?しかし、アメリカにはそんな常識を覆す84歳のスーパーモデルが存在するのです。
 彼女の名前はカルメン・デロリフィチェ。15歳で「VOGUE」の専属モデルとしてデビューして以来69年、今なお有名メゾンのランウェイを歩き、一流ファッション誌の表紙を飾り続けるスーパーモデルです。そんな彼女の進化する言葉は日々仕事に家庭にプライベートに全力投球する「by.S」世代のあなたに、「明日も頑張る力」を与えてくれるでしょう。

「何をすべきかを正しく知っていさえすれば、ぶれたりせずに生きていけます」

 エステにもフィットネスにも行かない、と公言している彼女。「フェイスリフトやボトックスが泣いて逃げていく」とナチュラルビューティーとして有名です。彼女の美容法は非常にシンプルで毎日のビタミン補給と適度な運動、睡眠、そしてバッグバームという馬用に開発された安価なクリームと語っています。ファッションについても「あくまでもシンプルなものが好き、服は着るものであって、着られたら終わり」ときっぱり。
 彼女は自分自身を知り抜いており、何が自分に必要で、何を捨てるべきか、瞬時に判断できるのです。それが出来るのは年齢を重ねたからこそ。彼女は経験を知識に変え、自分の糧にしています。

出典 YouTube

 イギリスの大学教授との対談。人生について、美容や価値観についてお話されています。とてもきれいな英語なので聞き取りやすいです。

「フレンチフライが好きなら、お食べなさい」

 モデルというと、ヴィーガンやマクロビオテックといった厳格なベジタリアンが多いイメージですが、彼女はの食生活はとってもナチュラル。食べることが大好きで、特にフレンチフライ(フライドポテト)が好物なんだとか。そんな彼女はどんなものでもバランスよく食べ、その代わりに自分で出来る運動を取り入れることでストレスフリーでヘルシーな生活を実現しています。

 I could have gotten into trouble with food in my lifetime because I love to eat but I was given a free pass because I metabolize food well.
~私は食べることが大好きですし、食事を制限したことはありません。その分消化すれば何の問題もないわけですから。~

出典 http://www.dailymail.co.uk

「コンプレックスを個性にすること」

 それでも、やはり加齢による変化は避けられません。輝くような髪を持つ若いモデルに混じって、髪を染めて白髪を隠していた彼女はコンプレックスになっていたとか。そこで彼女は敢えて髪を染めることを止めました。どんなに染めても、若いモデルの艶やかな髪には勝てないからです。
 しかし、彼女のナチュラルなシルバーの髪は「スノー・ホワイト」と呼ばれ、チャーム・ポイントに。そしてスノー・ホワイトの髪は彼女の武器となり、その髪だから着こなせるファッションを次々と身にまとい、ランウェイを歩き続けています。

 Today I am in a territory that business considers unmarketable: age and white hair. Slowly, however, I started to own that territory little by little because I stood up for age.
~現在のところ、高齢と白髪があまり武器にはならないと思われている業界にいるわ。だけどね、私は年齢を重ねるごとに、少しずつゆっくりビジネスフィールドを広げているところなの。~

出典 http://www.huffingtonpost.com

「私はまだ描きかけのキャンパス、生きている間は未完成のままよ」

 いつまで現役を続けるのか、という記者の質問に対して「永久には無理です。でも呼吸が続く限り続けるわ」とユーモアたっぷりに語る彼女。伝統的なオートクチュールのランウェイだけではなく、アバンギャルドなステージや新進写真家とのコラボにも取り組み、最近ではFacebookなどSNSの活用にも積極的。
 彼女は変化することを恐れず、むしろ楽しんでいます。新しいものを怖がるのではなくユーモアとともに受け入れることで、自らの可能性を広げているのです。彼女というキャンパスはまだまだ進化中で、これからもどんどん描き加えられていくでしょう。

 It took me half my life to understand who I was. How could I be true to anything when I didn’t know myself? I am able to be truer and truer with myself the older I get, but I am still a work in progress.
~私は自分自身が何者か理解するのに、人生の半分を費やしたの。自分自身がどんな人間か理解できないで、本物になることが出来るかしら?年齢を重ねるごとに自分らしくなってきてはいるけれど、私はまだ制作過程の作品でしかないわ~

出典 http://www.dailymail.co.uk

美しさに年齢制限なんてないー年齢を重ねる楽しさと覚悟

 いかがでしたか?三度の結婚と離婚、子育てに専念するための休業、巨額詐欺事件に巻き込まれて全財産を失うなど、彼女のキャリアは決して平たんではありません。時代的な制約もあり、現代ほど自由な選択ができずに不本意な選択をすることもあったようです。
 それでも彼女はそのたびに立ち上がり、地道な努力を続けることで、スーパーモデルの地位に返り咲きました。それは自分自身を良く知り、年齢を重ねることを味方につけたからです。そんな彼女の姿は、私たち「by.S」世代の女性たちに「年齢を重ねることは若さを失うことではなく、経験を豊かにすること」であると教えてくれます。

WRITER

リリアン・ダッシュ
リリアン・ダッシュ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    by.Sで記事を書いてみませんか?