足りているフリをする人が、仕事も異性も引き寄せる/仕事上手は恋愛上手 byはあちゅう

2016.12.09

No.24/足りているフリをする人が、仕事も異性も引き寄せる

先日、とある放送作家さんと
対談の仕事があり、
「合コンにおいて痛い女子のふるまい」
について話してきました。
その際、話題に上ったのが
「過剰な彼氏いないアピール」。

彼氏がいないのにも関わらず
彼氏がいるフリまでしなくてもいいと思いますが
「もう4年も彼氏いなくて」
「土日になると寂しくて」
ともの欲しそうに語る女子から放たれる負のオーラは
場の空気を悪くします。
周りにもフォローしなきゃいけない空気が広がって、
苦しいのです。

個人的に、あまりにも激しい彼氏いないアピールを聞くと
「お持ち帰りオッケーです」と叫ばれているみたいで
そわそわするんですよね…。

でも、自分の不幸を売り物にして、
お情けで何かを誰かから得ても
それは長くは続かないと思うのです。

そもそも彼氏がいないって、不幸でもなんでもないのに、
それを不幸と定義づけてしまい
明るい自虐ではなく、
まじの悲劇アピールになっている人って
他の些細なこともたちまち自分にとっての「不幸」
にしてしまいそうで怖い。

依存心が高い相手は、自らの要求は高いくせに
こちらが提供したことへの満足度や感謝の度合いが低く、
フラットな関係性がつくりづらいのです。

彼氏がいなくても、一人で毎日を充実させられる力を
もつ女性であれば、その魅力に引き寄せられて
男性の方から寄ってくるように思います。

仕事も同じで、「仕事が無い」と言っている人は
「仕事が出来ないから、無いのでは?」と
思われても仕方がない。
「仕事が忙しいけど、楽しい!」という人のところに
いい仕事は集まります。

だから、彼氏はいなくても、あるいは仕事がなくても
それでも充実している自分の毎日に目を向けて、
充実しているフリを続けていれば、
気付いたらそれが現実になっているはず。

不用意になんでも「無い」というクセがついている人は、
まず「あるフリ」から始めてみると
苦しい場所から頭ひとつ、抜けられるかもしれません。

はあちゅうさんの新刊「半径5メートルの野望」好評発売中。

---------------------------------------------------------------
■はあちゅう/本名:伊藤春香(いとうはるか)ブロガー・作家。慶應大学法学部卒業後、電通、トレンダーズを経てフリーに。最新作「半径5メートルの野望」(講談社)が好評発売中。

■はあちゅうさん主宰のオンラインサロンはこちら↓

■はあちゅうさん出演YOUTUBE「ゲスアワー」↓↓↓

■はあちゅうさん著書はこちら↓↓↓↓↓↓

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend