マドンナが手放さない男"ケント モリ"がマイケルジャクソンになりきる理由とは

日本を代表する世界的トップダンサーのケント・モリさん。あのマドンナとマイケル・ジャクソンが専属ダンサーとして取りあった事で有名ですよね。ケントさんの世界が感動したパフォーマンスと強いマインド。そして、この先目指すものをご紹介します。

2015.07.27 更新

マイケル・ジャクソンに憧れダンスを始め、今や世界的トップダンサーとなったケント・モリさん。先日のフジテレビ系列FNS27時間テレビ2015でも、尊敬するマイケル・ジャクソンの曲でダンスを披露しました。世界的アーティストのマドンナとマイケルが取り合うほどのケント・モリさんの魅力とはどんなものなのでしょうか。

日本を代表する世界的ダンサー

1985年生まれ愛知県出身のケント・モリさんは、アメリカを拠点に活動する世界的有名ダンサーです。これまでにマドンナ、クリス・ブラウン、アッシャー、ニーヨ、チャカ・カーンといった世界トップアーティストの専属ダンサーを務めてきました。

振り付け師としても活躍

日本では、SMAP、堂本光一、加藤ミリヤなどのアーティストの振付けを担当したり、CMの振付け・演出、伊勢神宮における奉納の舞の披露など、ジャンルにとらわれず幅広い領域でご活躍されています。

宝塚歌劇団100周年記念舞台、千原ジュニア40歳記念ライブや、TOYOTA、宝くじのCM等で振付・演出を手がけるほか、東京フィルハーモニー交響楽団との共演や、伊勢神宮における奉納の舞の披露など、幅広い領域で活躍

出典 https://ja.wikipedia.org

マドンナとマイケル・ジャクソンをも魅了したケント・モリ

ケント・モリさんと言えば、あのマドンナとマイケル・ジャクソンが才能を認め、専属ダンサーとして取り合ったことでも有名です。ドラマチックなそのストーリーをご紹介します。

彼のダンスを見て、マイケル・ジャクソンは“鳥肌が立った”と語り、マドンナは“代えがきかない才能”だと絶賛しました。

出典 http://www.nhk.or.jp

憧れのマイケル・ジャクソンの背中を追い、2006年に単身渡米

ケントさんがダンスを始めたきっかけは、12歳の頃に映像で見たマイケル・ジャクソンでした。そこからマイケルの背中を追い掛けるように独学でダンスを始め、東京理科大学理工学部に進学するも、3年生の終わりに自主退学しダンサーになるために単身渡米しました。

幼い頃からマイケル・ジャクソンが大好きで、影響を受けており、マイケル・ジャクソンが亡くなる以前のインタビューでも、「夢は?」という問いに「マイケル・ジャクソンと仕事をすること」と答えていた

出典 https://ja.wikipedia.org

とにかくマイケル・ジャクソンが自分の中で一番で、彼だけを見ていたので、日本で彼のようなダンスを教えてくれるところがあるとは思えなくて、地元でダンスレッスンを受けようという気にはならなかった

出典 http://square.toeic.or.jp

渡米2年で見事マドンナのダンサーに大抜擢

渡米一年後にプロのダンサーとして認められエージェント契約を果たします。そして2008年、熾烈なオーディションを見事勝ち抜き、たった16人しかいないマドンナの世界ツアーの専属ダンサーに大抜擢されました。

憧れのマイケルとの初対面

世界で500人しか受ける事ができなかったマイケルのオーディションに参加したケントさんは、早い段階でマイケル本人から直接抜擢されるという大変名誉ある待遇を受け、夢だったマイケル・ジャクソンの専属ダンサーに合格しました。

しかし、マドンナとの2年間の専属契約中だったため、出演を断念せざるを得ませんでした。

初めてMJに「Nice to meet you.」と挨拶をして、彼も「Nice to meet you, too.」と答えてくれた。本当にひとことですけど、自分にとっては死ぬまで忘れられない言葉です。
ただの「初めまして」なんですが、「僕はこの世の中に生きてたんだよ。あなたがここまで僕を引っ張ってくれたんだよ。すべて理由があってここに来たんだよ。本当に初めまして」と、自分を紹介することができて、握手をすることによって彼が僕と繋がった瞬間は、本当に自分の人生にとって大きかったです。

出典 http://square.toeic.or.jp

マドンナとマイケルが取り合うことに

長年の夢であった"マイケルの専属ダンサー"に合格したケントさんは、契約金返上覚悟でマドンナに説得を試みましたが、契約を切る事はできませんでした。すると今度は、あのマイケル本人がマドンナに直接電話をし「ケントを僕の専属ダンサーにしたいんだ」と交渉したそうです。しかしマドンナにとってケントの存在は大きかったため、マドンナが許可を出すことはありませんでした。

マイケルの突然の死

そんな中、突然舞い込んだマイケルの訃報。ケントさんがマイケルの専属ダンサーに合格してからわずか2ヶ月後、マイケルはこの世を去ってしまい、世界が悲しみに暮れました。そしてその直後、とある出来事が起こりました。

マドンナとの契約の問題でMJのツアーはあきらめなければならなくなった時に、僕の祖父が言ってくれた、「ものすごく悲しいと思う出来事があっても、いつかその意味が分かる時が来る」という言葉を思い出しました。

出典 http://square.toeic.or.jp

そんな彼のためにマドンナが機会を与える

マイケルの死から数日後、ケントさんはマドンナからある依頼を受けました。それは、"マイケル役として踊ってほしい"というものです。
マイケルがコンサートをするはずだったステージでケントさんがマイケルとして踊った姿は、瞬く間に世界へ発信され、感動した人々の絶え間ない賞賛が巻き起こりました。

マドンナが「Kento Mori」の為、そして憧れだったマイケル・ジャクソンの為に、スペシャルプログラムを組むこととなる。マイケル・ジャクソンの出で立ちで、「Billie Jean」や「Wanna Be Startin' Something」に合わせて、ソロダンスのパフォーマンスタイムを与えたのだ。

出典 http://observation.jp

「世の中は(僕のことを)マイケルとして見た。それで僕のことを世の中の人が知ってくれた。そういうステージにしたということは、僕はとてつもない意味を見出した。それはまさに、すべての出来事には理由があるということになっていった。すべてにつながっていく、次につながる“理由”がある。」

出典 http://www.nhk.or.jp

出典 YouTube

マイケルとして踊ったケントさんのステージをご覧ください。

“マイケルが生き返ったようだ”と絶賛

出典 http://www.nhk.or.jp

CHAPPY@dreamypanda

ケントモリさんって、わたしの好きなマドンナのツアーのステージのマイケル追悼のコーナーで、マイケルになりきって踊ってるのを見てからファンになった人だ。マイケルそのものだった。

そんなケント・モリが目指すものとは

世界トップダンサーとして前例の無いことを見事成し遂げた、異質な経歴を持つケントさん。この先ダンスを通して目指すものは"人との繋がり"と"世界平和に貢献すること"だそうです。

僕はダンスを通して人とつながりたいし、ポジティブなものというか、良いエネルギーを分かち合っていけたらと思っています。良いエネルギーが何かのメッセージになることもあるだろうし、ダンスを通して世界中の人と触れ合っていきたいと思います。

出典 http://square.toeic.or.jp

ケント・モリさんはこれからも、ダンスの中に潜む無限の可能性を現実化するために、世界中を飛び回ってご活躍されることでしょう。

CURATOR

Cathy / キャシー
Cathy / キャシー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    芸能人トピックス

    • NEWHOT
    • NEWHOT
    • 市川海老蔵

      アメーバMVB

      市川海老蔵

    • {{talent.lower_text}}
      王冠 state

    • {{talent.lower_text}}
      state

    • {{talent.lower_text}}
      state

    • {{talent.lower_text}}
      state

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    キュレーター募集