ネクストトレンドはこれ。シンプルから一転、斬新な“タッキースタイル”とは

2016年プレスプリングコレクションで話題となったキーワード“タッキースタイル”。ノームコアの次のトレンドキーワードとして注目されています。そんなタッキースタイルをご紹介します。

2015.10.21 更新

▲タッキースタイルとは

ギリギリの際どいラインのスタイリング
「tacky」(タッキー)とは“悪趣味な”という意味をもつ言葉です。そんな悪趣味ギリギリラインのスタイリングを“タッキースタイル”といいます。

今、世界のコレクションなどでも注目されているトレンドワードが「Tacky(タッキー)」。タッキーとは、「悪趣味な」という意味を持つ言葉で、2016年のプレスプリングコレクションでは多くのブランドが悪趣味ギリギリの際どいスタイルを提案しました。シンプルから一転、新鮮なタッキースタイルは、トレンドになりそう。

出典 http://tanoshimfuku.com

大手メゾンでもタッキーなコレクションが発表
2016年のプレスプリングコレクションでは「tacky」なコレクションがいくつかのメゾンで発表されています。特に話題を呼んでいるのは、ミュウミュウのパリコレスタイルでした。

わざと「ダサかわいい」見た目に整える奇天烈な着こなしのようなプレイフル、ジョイフル、ユーモラス、ラブリー、キッチュなどの味付けが勢いづきました。レインボー、ラスタカラー、マルチカラー・ボーダー、フローラルプリントと色柄も華やか。

出典 http://fashionbible.cocolog-nifty.com

グッチのコレクション。柄×柄のタッキースタイル。

タッキースタイルはノームコアの反動?!
昨年流行したノームコアファッション(=究極の普通と呼ばれるシンプルな飾らないスタイリング)。その真逆をいくド派手なタッキースタイルはノームコアの反動と言われています。
昨年の秋冬が「ノームコア」全盛期で、今年の秋冬はボーホースタイルなど、「色と色を重ねる」「柄を使う」70年代が流行しています。「ノームコア」の反動で、徐々に派手になるタッキースタイルへとトレンドは動いているのです。

ニューヨークファッションウィークでも多くのファッショニスタやモデルがタッキースタイルを披露。

▲ネクストトレンド“タッキースタイル”の予習をしておきましょう♡

じわじわと人気がでそうな「tacky」なスタイリングをご紹介します。今からクローゼットに少しづつ加えてみてはいかがでしょうか。

▷スタイリング1:柄×柄
ドット×ボーダーや花柄×花柄など...ちょっとチャレンジしづらい方は大柄と細かい柄を組み合わせてみてはいかがでしょうか。

ボーダー×ストライプ。シューズまで色味を統一しているので、一見トリッキーに見えますが、綺麗にまとまっています。

▷スタイリング3:ド派手な柄ワンピース
一見悪趣味?に見えそうな配色や柄のワンピース。パンプスや小物も敢えて柄物を合わせるのがタッキースタイル。

シューズや小物をシックな色合いにすると取り入れやすいですね。まずはアイテムを着こなすところからはじめて良いかも◎

▷スタイリング3:トリッキーな配色
今までは絶対しなかったような色の組み合わせもタッキースタイル。思い切ってチャレンジしてみては。

ピンク×赤、青×赤、グリーン×柄など....

▷スタイリング4:イラスト入りトップス
“ちょいださい”そんなインパクトのあるイラストや柄のトップスを取り入れたスタイリング。

ロックな柄のトップスにラメのスカート。際どいけど、かっこいいですね。

▷スタイリング5:ユニークな小物たち
ちょっといきなりタッキースタイルは難しいかも....そんな方は目を引くような小物をオンしてみてはいかがでしょう。“これ可愛いけどちょっと派手なんだよね...”そんな小物もトライしてみてはいかがでしょう。クラッチバックは取り入れやすいのでおすすめです。

クローゼットの中で眠っている小物でチャレンジできそう。

▲自由な発想でタッキースタイルを楽しんで

ちょっときわどいかも...そんなアイテムをお洒落な人って着こなしていたりしますよね。柄×柄はNGというような、従来の既成概念にとらわれず、自由に自分でチョイスして楽しむのがタッキースタイル。

きっとその自由な発想がお洒落上級者へのステップなのではないでしょうか。

WRITER

kyochan5
kyochan5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    by.Sで記事を書いてみませんか?