2016年流行はあえての"ちょいダサ"。柄×柄「タッキースタイル」にシフトすべし

2016年のファッションキーワード"タッキー"。ちょっとダサい服装がトレンドの予感です。奇抜な服装がお洒落になる時代、今までの感覚でいたら流行についていけません。今回は大人女子が取り入れやすいタッキースタイルをご紹介。みんなより一歩先に流行最先端のファッションを学びましょう。

2015.12.18 更新

2016年のファッションキーワード"タッキー"ちょっとダサい服装がトレンドの予感です。奇抜な服装がお洒落になる時代、今までの感覚でいたら流行についていけません。今回は大人女子が取り入れやすいタッキースタイルをご紹介。みんなより一歩先に流行最先端のファッションを学びましょう。

2015は「ノームコア」。2016は「タッキースタイル」へ

2015年のトレンドといえば「ノームコア」。普通の服をお洒落に着るのが主流でしたよね。一見地味なアイテムをバランスよく自然に着こなすのが一般的でした。2016年は様子が一変。今までの反動で「タッキースタイル」が人気です。

■2016年の注目スタイル「タッキー」

「タッキー」というのは「悪趣味な」という意味。現在ファッション界のキーワードになっている言葉です。悪趣味ギリギリのスタイルは「タッキースタイル」と呼ばれています。

海外コレクションでは特に「悪趣味な」組み合わせが目立ちました。派手なボーダーとストライプを合わせた従来型のファッションでは禁忌とされるような「柄×柄」のコーディネート。唇などの刺激的なモチーフや派手な色を使った総柄ワンピースなど。悪趣味ギリギリと思える様な派手な組み合わせ、派手なアイテムを使うスタイルがノームコアの反動で到来してきたのです。

出典 http://www.excite.co.jp

大人女子はタッキースタイルをこう取り入れる

タッキースタイルの奇抜なアイテムも自分なりの着こなしにできればお洒落に大変身。今回は主要な3つの着こなしについて大人女子が取り入れるべきポイントをまとめました。

1、柄×柄

今までタブーとされてきたからか、なんだか気が引ける…という人も多いのではないでしょうか。でもポイントを押さえれば案外着こなしやすいファッションだったんです。

ボーダー×ボーダーでも太さが違う二つを掛け合わせているこちらのコーデ。あまり柄オン柄に見えないですよね。違う大きさの柄同士なら意外と違和感はないんです。

色々なチェックを組み合わせたコーデ。ギンガムチェックは青でまとめて、タータンチェックのブラックを差し色に。色味を合わせることで取り入れやすくなっています。

ドット、ストライプ、ボーダーという3種類の柄を組み合わせたスタイル。でもどこかお洒落なのはシルエットのおかげです。ワイドなトップスにウエストはしっかりマークしてタイトスカート。タッキースタイルの中でもスタイルアップは忘れずに。

2、派手柄ニット

いつもなら挑戦できないようなド派手なニットもタッキースタイルならOK。お洒落に仕上げるポイントは「すべてをタッキーにしないこと」にありました。

大きなフリンジが特徴的。不思議な配色のニットでもワイドシルエットならそれっぽい雰囲気に仕上がります。足元は服と対照的にごつめのブーツで引き締めて。

ボリューム抜群のニットは存在感も大。でもそれ以外をシンプルにまとめることでバランスよくおしゃれなファッションに。メイク、ニット、パンツ全てでブラックを取り入れているのもまとまるポイント。

柄オン柄、そして派手柄ニットととことんタッキーに仕上げたファッション。でも不思議とクラシカルなバッグが引き立っていませんか?ひとつテイストの違うものを投入すると一気におしゃれになります。

3、小物をとことん派手に

やっぱり服に取り入れるのはまだできない、勇気がない…そんなあなたにおすすめなのは小物をとことん派手にすること。洋服は難しくても小物なら簡単にトライできちゃいます。

昔のアメリカンテイストのクラッチバッグ。裏面はデニムのデザインになっています。大胆にプリントされた女性の顔がインパクト大。

まるで蛇が巻き付いているような不思議なデザイン。足元ならさりげなく挑戦できるかも。

きわどいファッションも自分なりに着こなすのがタッキースタイル。今までの常識を破って自由な発想でおしゃれを楽しんじゃいましょう。

WRITER

にーこ
にーこ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    by.Sで記事を書いてみませんか?