36年に一度やってくる"強運"世代‥?1986年"五黄の寅年生まれ"は最強世代だった

"五黄の寅"という言葉をご存知でしょうか。九星のと干支のことを指す言葉なのですが、どちらも"強運"として知られています。その両方を持ち合わせる最強の世代と言われているのです。もっともby.S世代に近いのが1986年(昭和61年)生まれ。カリスマ性の持った人が多いと言われる"五黄の寅"をご紹介します。

2016.01.13 更新

"五黄の寅"という言葉をご存知でしょうか。古代中国から伝わる民間信仰九星の"五黄"干支の"寅"のことを指す言葉なのですが、どちらも"強運"として知られています。その両方を持ち合わせる最強の世代というのが、実は36年に一度やってくるというのです。by.S世代では、1986年(昭和61年)生まれに当たります。すでに、あの人ってもしかして…と気づいた方もいるのでは?カリスマ性を持った人が多いと言われる、"五黄の寅"の特徴をご紹介します。

36年に一度の周期でやってくる最強世代"五黄の寅"

"五黄"は九星のひとつで、これは九紫・八白・七赤・六白・五黄・四緑・三碧・二黒・一白と毎年順に付けられているものなのだそう。それと干支を組み合わせた言葉が、"五黄の寅"といいます。基本的には9と12の最小公倍数で、36年に1度やってくるのです。

寅年の中でも最強の運勢を持つ寅年と言われているのが「五黄の寅」生まれの人です。

出典 http://ryomama.com

そもそも"五黄"も"寅年"も強い運気を持っているため、昔はこの年に女の子が生まれると"女には気が強すぎる子になる"と言われていた時期もあったのだそう。

五黄の生まれの人は一般に運気が強いとされますが、寅も強い運気なので両方が重なると、女性にしては強すぎるのではないかということで、「五黄の寅」という話が出たようです。

出典 http://homepage2.nifty.com

五黄の寅の性格と傾向とは?

リーダシップを取れる性質をもっている

五黄の寅年生まれは、自分の考えや信念を持ち絶対に曲げずに貫くという芯の強い部分があるのだそう。また、強情で強引なところがあるため少々"わがまま"と思われがち。ですが、その持ち味を生かしてリーダーシップを取れる素質を持っているので将来有望とも言われています。

カリスマ性のある人物が多い

上記のようにとても強い運気を持っていることから、カリスマ性のある人や人の上に立つような人物が多いと言われています。近年は、現代社会における"女性進出"も目覚しいこともあって"五黄の寅"生まれの女性も頼もしい存在として目立っているようです。

このメンツを見れば納得。今年30歳になる五黄の寅女子が豪華すぎる

1月11日にDAIGOさんと結婚した女優・北川景子さんもその1人。結婚会見でDAIGOさんは、"景子ちゃんはすごいしっかりしてるので仕切ってくれる"という一面も語っていましたね。とても素直で飾らない笑顔は、誰もが惹かれてしまいます。

沢尻エリカさんも、というと何だかとても納得です。演技や美貌だけでなくその立ち振る舞いも何かと話題となり"エリカ様"と呼ばれてきた彼女ですが、その背景には五黄の寅年生まれというのも関係しているのかも?

昨年、雑誌「美的」の読者投票で"なりたい顔"ナンバーワンに輝き話題となった石原さとみさん。山下智久さんと共演した月9ドラマ「5→9 ~私に恋したお坊さん」も大好評でしたね。女性の憧れの的として今年のご活躍も期待が高まります。

歴女であり読書家、料理好きなど多趣味で知られる女優・杏さん。渡辺謙さんの娘だということを隠し、自分で事務所に履歴書を送り芸能界入りした過去があったり1本筋の通った姿勢が魅力的です。

活動の幅を韓国にも広め、映画『ビューティー・インサイド』(2016年1月日本公開)に出演している上野樹里さん。"業界内で問題児として知られている"などとも言われていますが、人を惹きつける見事な演技力はさすがです。

現在、2児の母であり故郷・ハワイにて暮らしているモデルの長谷川 潤さん。ハワイ生まれのヘルシーな小麦肌と天真爛漫な笑顔は、いくつになっても輝いていらっしゃいますよね。インスタグラムを見ているとその幸せそうな写真に癒されます。

貴女の身近に五黄の寅年の方はいらっしゃいますか?この記事をきっかけにあ、あの人がそうだったんだ!と気づいてしまった方もいるのではないでしょうか。生まれ持った秘めたパワーを持ち逞しく生きて行く"五黄の寅年"、要チェックです。

CURATOR

amiii
amiii

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    キュレーター募集