貴女はメンズ派レディ派?真夏の大人モノトーンはテーマで決めてクールにキメて

定番のモノトーンファッションは、テーマに沿ってコーデするとより魅力的に貴女を演出してくれます。真夏だからこそ着たい大人クールなモノトーンコーデをご紹介します。

2016.07.18 更新

Pinned from brooklynblonde.com

  • like1
  • repin7

夏も中盤に入り、そろそろトレンドのデニムやワントーンコーデなどに飽きてしまってる頃合いではないでしょうか。なにか新しいスタイルを…と考える時期でもありますが、あえて定番のモノトーンにこだわってみるというのはいかがでしょうか。暑い日が続くと、ブラックは避けたくなる色かもしれませんが、黒と白を使って涼し気な大人モノトーンに挑戦してみてはいかが。

“ミランダ・カー”も夏モノトーン

タイトな着こなしでモノトーンを完成させた“ミランダ・カー”。ボトルネックのトップスにタイトなミニスカートでスタイルの良さをさらに際立たせていますね。ブラックをたくさん使っていますが、足や腕をすっきり出していることで暑苦しさは感じませんね。

夏モノトーンコーデを大人上品に着こなす

ただ白と黒のコーデをするのではなく、テーマに沿ってコーデしていくのがワンランク上のモノトーン。爽やかでクールな大人の女を演出するモノトーンの着こなしをご紹介します。

■メンズライクで大人クールなモノトーン

Pinned from zanita.com.au

  • like4
  • repin14

メンズライクな印象を意識することにより、涼し気なモノトーンコーデとしては最強のコーデになるかもしれません。夏は、手首や首などの女性らしい部分を露出することが多くなるので、普段メンズっぽさを敬遠していた初心者さんも挑戦しやすいかも。

■ふんわり優しい上品モノトーン

Pinned from bloglovin.com

ふんわりとした質感は、風通しの良い涼し気な印象や優しさとともに、モノトーンが媚びない芯のある女性の雰囲気作りにも一役買ってくれるでしょう。また、トレンドでもあるオーバーサイズのアイテムは華奢見せ効果も。

■カジュアルで大人モノトーンを遊ぶ

モノトーンの硬すぎるイメージをカジュアルで崩していくというのも良いですね。ホワイトスニーカーが人気ですが、あえてブラックを入れてみたり、挑戦しにくかったサロペなどもモノトーンでコーデしていくと大人っぽく演出してくれそうです。

“メンズ派”or“レディ派”で作るオトナモノトーンコーデ

【レディ派】ふんわりスカート投入でクールな優しさを

Pinned from wwd.com

  • repin1

ボトムスにホワイトを入れることで、モノトーンのきちっとした印象は崩さずに優しい涼し気のあるコーデになるでしょう。

【レディ派】ホワイトワントーンに小物でブラック投入

Pinned from vogue.com.au

  • like1

人気のホワイトワントーンには、ブラック小物を投入してモノトーンにしていくのもステキですね。ホワイトの圧倒的な上品スタイルをブラックで引き締めてくれるでしょう。

【レディ派】ブラックマキシをカジュアルに演出

Pinned from fabsugar.com

マキシ丈は華やかな印象のあるアイテムなので、綿素材のゆるいタイプのトップスでカジュアルダウンさせての着こなしがおすすめ。モノトーンにすることでよりシックな大人の装いに。

【メンズ派】ワイドパンツで大人モノトーン

Pinned from estilo-tendances.com

  • like10
  • repin37

トレンドのワイドパンツを入れることでゆるっとした優しい印象になりますね。キャミソールなどでの露出効果でパンツでも女性らしいコーデに仕上がってます。

【メンズ派】ガウチョ×ハットでヘルシーな装いに

Pinned from fabsugar.com

昨年より、よく見かけたガウチョ×ハット×モノトーンの定番のトレンドスタイル。定番だからこそキリッとハンサムに着こなすのがコツ。

季節の変わり目にも使えるモノトーン

モノトーンは白と黒を使えばそれなりに形になりますが、テーマを決めてコーデしていくとより楽しめそうです。また、モノトーンは夏の終わりや秋の入り口など季節の変わり目でも使えるので、夏のバーゲンで買い揃えておくのも良いかもしれませんね。

Written byらんまる

by.Sトレンド編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    by.Sで記事を書いてみませんか?