食卓に咲く甘〜いお花。目から楽しむデザート"飾り切りフルーツ"が意外と真似できそう

2016.08.31

いつものテーブルを盛り上げてくれるのは、なにもプレートやカップなどの食器だけではありません。切り方を工夫するだけであっと驚くほど、テーブルが華やかになる魔法「飾り切り」のアイデアをインスタグラムからご紹介します。

簡単なのに凝ってみえる…!フルーツの飾り切りアイデア

程よい甘さなのに、健康にも良い女性のおやつといえば、フルーツ。そんなフルーツをさらに美味しくみせてくれるのが"飾り切り"です。インスタグラムには夏〜秋の旬のフルーツを飾り切りして盛りつけている素敵な画像がたくさん。そのアイデアを盗んで、貴女もチャレンジしてみませんか?

◆フルーツの器で華やかに

メロンを花びらのようにカットしたら、それを器にフローズンフルーツを盛りつけて。まるでお店に出てきそうなデザートに感動です。写真の撮り方も工夫されていて、とても素敵ですよね。

◆食べるのがもったいないキウイローズ

こちらはキウイを使って薔薇の花びらを再現。普通に切ったものでも並び方を変えるだけでこんなに美しくなるなんて驚きです。これから旬の梨も皮の剥き方次第でいろいろな顔を見せてくれそう。

◆くり抜きアレンジは初心者さんでも◎

皮を器にする飾り切りはどんなフルーツにも応用できそう。中身をくり抜いて、食べやすくカットしたら皮の器にIN。あっという間にお洒落にキマりますね。

◆旬のブドウだってお手の物

飾り切りできるのは大きなフルーツだけだと思っていませんか?ブドウのような1粒状のものだってお手の物。切り込みを入れて開いたら、ブドウ花の完成です。花芯のようなものは、カービングナイフを駆使して作られているのだとか。

飾り切りは一見難しそうですが、慣れれば意外と簡単のよう。見た目から楽しむデザートは、気分を盛り上げてくれます。ぜひ挑戦してみてくださいね。

Written byまる

by.Sトレンド編集部

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend