【#3】モデルで育メン。Mr.パーフェクトな旦那様との、"結婚後も恋が続くたった一つのルール"

連載|S classなひと。

貴女が理想とする人生はどんなもの?本連載では、キャリアや結婚の選択を迫られるby.S世代が"将来なりたい理想像"として描く、自己実現も素敵な結婚も手に入れた、まさに"S class"なひとをご紹介。第3回目は「Safari」モデルで育メンの旦那様と、素敵な結婚生活を送るバレダ智子さんです。

2016.09.20 更新

貴女が理想とする人生はどんなものですか?

本連載では、キャリアや結婚の選択を迫られる、悩み多きby.S世代が"将来なりたい理想像"として描く、自己実現も素敵な結婚も手に入れた、まさに"S class"なひとをご紹介。

第3回目は、ファッション関係の会社を起業された経歴を持つバレダ智子さんをご紹介。

フランス人の旦那様はなんとSafari』のモデル。イケメンなだけでなく、家事や育児を半分以上してくれるという完璧な旦那様との出会いから、結婚までのストーリーは必見。

出典: ご本人撮影

ーモデル経験も。ファッション業界で華々しく活躍する、バレダ智子さん

大人の女性のかっこよさだけでなく、チャーミングな笑顔からはオープンなエナジーを感じさせるバレダ智子さん。服好きのお父さまの影響で、幼い頃からファッションが大好きだったそう。

バレダさん:「10代の頃にモデルを経験し、フィッティングモデルやデザイナーのアシスタント経歴もあります。その後は『ロンハーマン』で雑貨と化粧品の販売もしていました。

現在はお休み中ですが、カウンセリングの学校に行っていた姉とともに、ファッション・メイク・メンタルのサポートをするトータルコーディネートの会社も立ち上げています。

コーディネートのお手伝いが得意なので、いつかは私が思う「洋服の基本」である、白・黒・ベージュなどのベーシックなファッションを中心に扱う自分のお店を出したいという夢もありますね。」

ー印象は最悪!? 旦那様との出会いとは

バレダさん:「レストランで外国人の友人にたまたま出くわしたのですが、そのときその友人と一緒にいたのが、モデルの仕事で日本に滞在していた彼だったんです。

不思議なことにその後にも偶然に彼に何回か会って……。ただ、いつも表面的な挨拶しかない彼に、「なんか感じが悪い人だな」と思ってしまっていました(笑)。その後友人も含め、彼とごはんに行く機会があったのですが、相変わらず印象はあまりよくありませんでしたね。

ところが、その後仕事でほかの国へ行った彼からいきなりLINEで連絡がきたんです。後から分かったのですが、実は、彼は私のことを気になっていたらしく……。LINEに返信を何気なく返したのですが、それから頻繁に話すようになり、気付けば毎日連絡を取る関係になっていました。」

ーNYで恋が加速。そして東京で一緒に暮らすことに

バレダさん:「連絡を取るようになった当時、たまたま彼が、私が行きたいと思っていたニューヨークに滞在していたので、彼の元を訪れたんです。

そして1週間一緒に過ごし、その後正式にお付き合いを始めました。ニューヨークで過ごした1ヶ月後には、彼が東京にやってきて、そのまま2人の共同生活がスタートしました。」

目をあけたら彼が跪いていて…映画のようなプロポーズ

出典: ご本人撮影

プロポーズは、女性なら誰でも憧れるうっとりするようなシチュエーションで。

バレダさん:「とても素敵なレストランでお食事したあと、人目のつかない路地で『目を閉じていてください』と言われたんです。

目をあけたら彼が跪いていて……。指輪の箱をあけて、『結婚してください』と英語で言っていただきました。

さらに、ホテルを予約してくれていて、部屋のベッド一面には薔薇が引き詰められていて…。すごく嬉しくて感動しました」

ーまさに夫の鏡。家事、育児も任せきりにはしない"イクメン"旦那様

出典: ご本人撮影

今は2人のお子様にも恵まれ、ますます幸せそう。しかも旦那様はバレダさんが家にいる時間が長いことを気にかけ、「友達と食事をしてきたら?」「買い物に行ってきたら?」と言って、積極的に家事や育児をしてくれる人なんだとか。

もちろん、誕生日のサプライズも欠かしません。

バレダさん:「誕生日当日には、六本木ヒルズのレストランでサプライズをしてくれました。友人たちに旦那さんが声をかけてくれていて…。忙しい友だちが多いのにも関わらず、みんな揃っていたので感動しました。」

ーお洒落な夫婦が特別な日に通う、恵比寿の名店

出典: ご本人撮影

バレダさん:「結婚記念日や誕生日、バレンタインなどの記念日は、必ず恵比寿の『AU GAMIN DE TOKIO〜オー・ギャマン・ド・トキオ〜』に足を運びます。

創作フレンチのお店で、カウンター席がメインの大人な雰囲気漂う素敵なお店なんです。シャンパンを飲みながら、お肉料理を味わうのは最高ですね。」

ー『母としては強く、夫の前では女性らしく。』バレダさん流・愛され妻の秘訣

出典: ご本人撮影

バレダさん:守ってあげたい女性でいること』でしょうか。母親としては強くいないといけないけれど、女性としては『俺がいないと』と思ってもらうのも大事なことだと思います。女性として『旦那さんを頼りにする』ということが夫婦円満の秘訣かもしれませんね。

ファッションや『香り』にも気をつけています。今は新生児がいるので避けていますが、問題がないときは、家にいてもボディクリームや香水などをつけています。

ヒールを履くのをやめないことも心がけていることの一つです。ママなので、スニーカーを履くことが多くなりがちですが、旦那さんと一緒に出掛けるときは、『彼もベビーカーを押してくれるから大丈夫』と安心できるので、履きなれたヒールを履くようにしています。」

出典: ご本人撮影

今の時代、女性として強くあることはとても大切な事。でも、心を許せる旦那さんの前では、"女性らしさ"を意識するというルールを自分の中に持っていることで、夫婦の愛の鮮度を落とさずにいられるのかもしれないですね。

今後もこの連載では、まさにby.S世代が夢に見る、理想の姿を体現している"S classなひと"に焦点を当てていきたいと思います。

次はどんなレディに会えるでしょうか?

次回もお楽しみに。

【S classなひと。】をもっと読む

WRITER

by.S編集部
by.S編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column