「あの時こうしていれば」が幸せを遠ざける…。共感せずにいられない、by.S世代の“タラレバ”白書

アラサー世代がつい口にしてしまう“タラレバ”。人気漫画『東京タラレバ娘』に出てくる女性たちのように、貴女にも心当たりがありませんか? 私たちの進むべき道を指し示してくれる、女性たちの共感エピソードをご紹介します。

PR:株式会社ファンケル

2016.11.10 更新

出典: Aleshyn_Andrei/Shutterstock.com

「今より痩せて綺麗になったら」「あのとき彼を許せていれば」…。アラサー世代がつい口にしてしまう“タラレバ”、貴女にも心当たりがありませんか?  過去を悔やんだり架空の話をしていても、気持ちは下がる一方。思わず共感してしまう「あるある」エピソードから、現実と向き合うヒントを掴みましょう。

アラサーの心を容赦なくエグる。大人気漫画『東京タラレバ娘』

©東村アキコ/講談社

累計発行部数180万部を突破し、2017年にはドラマ化も決定している、東村アキコさん原作の人気漫画『東京タラレバ娘』

脚本家の倫子(33歳)は恋も仕事もうまくいかず、同じくアラサ―で独身の香、小雪と焦りながらも“女子会”を繰り返す日々。「キレイになったらもっといい男が現れる」「好きになれればケッコンできる」。そんな話ばかりしていると、居酒屋で居合わせた金髪イケメン男子に「このタラレバ女!」と言い放たれてしまい…というところからストーリーが展開します。

新刊が発売されるたび、SNSでは「ページをめくるのが辛い」「容赦なさすぎる」と、女性たちが阿鼻叫喚。それでも読むのを止められないと、多くの読者の心を掴んでいるのです。

思わず共感。by.S世代の“タラレバ”白書

出典: Aleshyn_Andrei/Shutterstock.com

漫画のなかの彼女たちのように、女性はつい“タラレバ”を言ってしまう生き物。貴女にも身に覚えがありませんか?

ep.1「あのとき彼と別れなかっ“タラ…”」

21歳のときに、はじめてカレシができました。今思うと相性はよかったはずなのに、だんだん「他の男を知らないまま死んじゃうのかな」とか思っちゃったんですよね…(大げさですけど)。26歳の誕生日前に「距離を置きたい」と話して、そのままギクシャクして自然消滅。その彼は最近結婚したけど、私はいまだにカレシなしです。あのまま付き合ってたら幸せだったのかなー。(29歳/営業職)

出典 編集部取材

今の彼と結婚するか、思い切って別れるか。20代には「あるある」な悩みですが、当人にとっては深刻な問題です。自分で考えて出した答えなら、くよくよ後悔するのはNG。前に進む気持ちの妨げになってしまいます。新しい恋を始めるなら、未来に目を向けるべし。

ep.2「もっといい会社に転職でき“レバ…”」

転職した会社がものすごいブラックで、半年も経たずに辞めました。運良くすぐに次が見つかったけれど、焦りから、妥協して決めてしまったのが本音。やりたい仕事ができなくてモヤモヤが止まりません。もっと環境が整った会社に行ければ活躍できると思うのは、私の思い上がりなんでしょうか?(29歳/デザイナー)

出典 編集部取材

キャリアを積むために転職を考える女性も多い、20代後半。たくさんの会社を見るうちに、つい今の環境に不満を持ちがちです。でも、仕事の成功に傲りや高望みは禁物。今の自分に足りないものと向き合って、謙虚な気持ちも大切に。

ep.3「20代から本気でスキンケアして“タラ”…」

昔から肌が強いほうだったので、帰りが遅くなるとついついメイクを落とさないで寝ることがありました。スキンケアもあまりこだわりがなくて、もらいものですませたり。最近になって「もしかしたらツケがまわってきた?」という気がして焦ってます。(31歳/事務職)

出典 編集部取材

「コツコツするべき」と頭ではわかっていても、不調が現れていないうちは油断しがちなスキンケア。過去を悔やんで“タラレバ”を言っているだけでは、肌は衰えていく一方です。後悔しないスキンケアを、今日から始めてみませんか?

貴女の“タラレバ肌度”を診断。『東京タラレバ娘』×ファンケルコラボキャンペーン実施中

無添加にこだわりながら女性の素肌を美しく導く化粧品ブランドFANCL(ファンケル)が、人気漫画『東京タラレバ娘』とのコラボ企画を実施中。下がり気味な貴女の気持ちを“アゲて”くれる、楽しいコンテンツがスタートしています。

まずは「タラレバ肌度」を診断。選んだ結果に応じたストーリーで、貴女のキャラクターが漫画の世界に登場します。今の貴女を“アゲて”くれるものは…?

Twitterとの連動企画では、貴女のタラレバをつぶやいて「アガるもの」が当たるプレゼントキャンペーンを実施中。公式アカウント@tarareba_oageをフォローして、毎月替わるお題に沿って投稿しましょう。

参考までに、10月のお題「信じたくないが、●●な気がする。」の投稿を覗いてみると…?

美味しいものが多すぎるという、うれしいけれど困る「あるある」。食欲の秋には勝てませんね。

こちらは『東京タラレバ娘』にも出てきそうなエピソード。思わずドキッとする女性も多いのでは…?

悩めるタラレバ肌世代の気持ちをアゲてくれるのは、『無添加アクティブコンディショニングEX』。乾燥などによる年齢サインをケアし、活力に満ちたふっくらハリ肌に導いてくれます。今なら『東京タラレバ娘』のオリジナルクリアファイルがもらえる、ハリ肌一ヵ月実感キットも。この機会にぜひ試してみて。

出典: Diana Indiana/Shutterstock.com

タラレバエピソードに共感するだけの自分とは、今日でお別れ。理想の未来に近づくため、“今すべきこと”としっかり向き合ってみて。

Sponsored by 株式会社ファンケル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

RANKING

人気記事

THEME

話題のテーマ

RECOMMEND

関連記事

Official Column
by.Sで記事を書いてみませんか?