「ひからび女子」になる前に。乾燥から救うウインターレスキュー4選

PR:ボシュロム・ジャパン株式会社

出典: Lena Pan/Shutterstock.com

冬になると現れる“ひからび女子"。髪の艶は失われ、肌はキメが粗くなり、瞳の輝きはどこへやら…。それは美女の対極ともいえる存在。今回は、美しさを奪い去る“乾燥”から貴女を救う4つの“ウインターレスキュー”をご紹介します。

出典: Aleshyn_Andrei/Shutterstock.com

“ウインターレスキュー”とは、この冬、知っておきたい注目ワードのひとつ。乾燥や冷えなど冬ならではの悩みを解決に導き、心身共にうるおった素敵なライフスタイルを叶えてくれます。

乾燥から貴女を救う。“冬のレスキューアイテム4選”

item1.  内から温める“漢方茶”

出典: iravgustin/Shutterstock.com

色んな肌ケアを試してみたけれどダメだった…なんて貴女は、by.Sおすすめのウインターレスキュー、漢方茶を試してみるのはいかがでしょう。東洋医学に基づいた処方で、身体の内側から根本的に乾燥肌を治す手助けをしてくれるかも。漢方薬局で体質に合うものを薬剤師さんに相談してみましょう。

item2. ブラッシング前の“ヘアオイル”

出典: Maryna Pleshkun/Shutterstock.com

by.Sおすすめのウインターレスキュー2つ目は、ヘアオイル。今や定番のヘアケアですが、知らずに勿体ない使い方をしているかも。髪のダメージを和らげるには、ブラッシング前に揉み込むのがベスト。乾燥で傷みやすい髪の摩擦を減らしてくれます。

item3. 濡れた身体に“バスローブ”

出典: Forewer/Shutterstock.com

ボディの乾燥対策にはバスローブを。日本では身体を拭いてから羽織るのが一般的ですが、欧米では濡れた身体のまま羽織るのがスタンダード。肌の水分が急激に蒸発するのを防ぎ、保湿効果を発揮するのです。お風呂上がりの肌はとても乾燥しやすい状態なので、バスローブでうるおいを閉じ込めてあげて。

item4. 冬に負けない瞳へ導く“コンタクト洗浄液”

出典: Daria_Cherry/Shutterstock.com

透き通るような美しい瞳は“うるおい”で満ちているはず。特にコンタクトをしている人は、目の乾きに効く目薬に頼っていませんか? 実はコンタクト洗浄液”を見直し、しっかりと汚れを落とすことが、快適な装用感*への近道だったのです。

つらい瞳の乾燥を改善するため、「洗浄力」に着目したコンタクトレンズ用のケアアイテムをご紹介します。

乾燥から守るコンタクトレンズ用ケアアイテム『レニュー』

うるおいのある快適な装用感*と、目に優しいつけ心地が続くコンタクトレンズ用ケアアイテム『レニュー』

まばたきをするたびにレンズと目の間に涙のクッション”をつくるので、いつまでも快適な装用感*が続きます。

◆うるおいの秘密は「洗浄力」

出典: lpedan/Shutterstock.com

うるおいの秘密は「高い洗浄力」。コンタクトレンズのなかなか落ちない汚れを浮かせ、レンズに涙を引き寄せます。毎日新しいレンズをつけているかのようなつけ心地を体験してみて。

◆うるおいをキープ

出典: conrado/Shutterstock.com

ポロキサミンが涙を引き寄せてくれるので、レンズの装用中も快適そのもの。透き通るようなみずみずしい瞳へと導いてくれます。

※装用感には個人差があります。

出典: PonomarenkoNataly/Shutterstock.com

これからの季節は肌や髪だけではなく、瞳へのうるおいも忘れないで。乾燥を感じるその前に、早めの対策で一歩先いくうるおい美人に。

Sponsored by ボシュロム・ジャパン株式会社

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。