意中のカレを、振り向かせましょ。レングス別「冬のお呼ばれヘアカタログ」2016版

ヘアスタイルには気を使っているものの、お呼ばれの時にサッと思いつくアレンジって意外と少なくないもの…。手の込んだものは難しそうだし、そもそもやりたいアレンジが自分の髪の毛の長さだと無理、なんてお悩みも。そこで、パーティやお呼ばれシーンの多い12月に向けてレングス別のおすすめヘアアレンジをご紹介。

2016.11.11 更新

Pinned from urbanangelza.com

  • like1
  • repin6

クリスマス、年末の忘年会など何かにつけてパーティや外出が多くなるのが12月。お気に入りの洋服を用意していても、意外と気を抜きがちなのがヘアスタイル。ブラッシングしただけのストレートヘアではもったいない。

当日の朝になって、「どんな風にするか考えてなかった」なんて焦ることのないように、素敵なアレンジをいくつかピックアップしておきたいですね。

レングス別「冬のおよばれヘアカタログ」

◆ロング◆

バックでラフみつあみ×ゴールドヘアアクセ

ロングヘアだからこそできるこのボリューミーなラフ三つ編み。ふんわりとしたシルエットを意識してバランスを見ながらゴールドアクセをポイントに効かせるとクリスマスシーズンにぴったりの豪華なヘアが完成。華やかですがまとまりもあって好感度も◎

編み込みハーフアップ×リボン結び

サイドの髪の毛を編み込んでいき、余った髪の毛でリボン結びを作ってハーフアップを完成させるスタイル。簡単にできてスペシャル感はとっても高いアレンジです。リボンのバレッタなどを付けるよりも自分の髪の毛で作るほうが大人っぽくておすすめ。トップに程よくボリュームを出すのも忘れずに。

フィッシュボーン×トップ盛り

手が込んでいるように見えるフィッシュボーンは、セルフアレンジにもおすすめ。細かくするとタイトになりすぎてしまうので、ザックリと大きめに髪の毛を取ってフィッシュボーンを作っていくのが吉。トップ部分をふんわりさせておくと、よりパーティシーンに似合う雰囲気に。

◆ボブ、ミディアム◆

まとめ髪は後れ毛がキモ×シースルーリボンで大人可愛いを実現

細かい後れ毛をランダムに垂らして、全体を大きな編み込みでまとめると、女性らしくも豪華な印象になります。シースルーで髪色に近いリボンをまとめた髪の毛に絡ませるように飾れば、リボンの幼い印象は回避できてポイントにもなるので可愛いです。

ローシニョンで大人っぽく

上品さが売りのシニヨン
はお呼ばれヘアとしてかなり高ポイント。軽く巻いて動きを出したヘアをザクっとシニヨンにまとめるだけのシンプルアレンジですが、手抜きに見えないのが嬉しい。低い位置にシニヨンを持ってきて大人な表情にすることを心がけて。

ハーフアップ×ゆる巻きでお嬢様風に

細目のコテで動きを出すようにウェーブを付け、ハーフアップは緩めの編み込みで完成させるモテヘア。ボブくらいの長さは、ストレートヘアのままハーフアップするとスッキリし過ぎてお呼ばれヘアにはちょっと物足りないですが、全体的に巻くという下準備をプラスするだけで見違えます

◆ショート◆

あみこみは毛束を出すバランスがキモ

ショートヘアの編み込みは、大きめに編んでいきちょっと多めに毛束を引っ張り出すのがコツ。どうしてもボリュームを出しにくいショートヘアですが、編み込みで立体感を、毛束をつまんでシルエットを調整するとイメージが変わります。

波巻き×ネジりテク

サイドとバックを波巻で軽く巻いてふんわりさせたら、リボンやバレッタで後頭部を軽く一つまみ立体感を。ショートヘアでも3Dに仕上げると凝った雰囲気に。さらに再度も少量の毛束をねじってピンでとめていけば、もっと動きがプラスされます。髪の毛の短さを感じさせない華やかさが叶うので◎。

ヘアの長さに合うアレンジを身に着ければ、急なお呼ばれも怖くない

年の瀬になるとグっと増えるパーティやお呼ばれシーン。どうせならファッションもヘアも完璧を求めたいですよね。どんなレングスでも素敵なアレンジは沢山あるもの。自分のお気に入りのヘアスタイルを発見して来るべき時に備えましょうね。

Written byMr.lady

by.Sトレンド編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    by.Sで記事を書いてみませんか?