爪先に目尻に。この冬、大人ピンクの新定番“サクラピンク”でほんのり品を差したい

女性らしさを引き立て、優しい印象を与えるピンク。しかし「自分には似合わない」「イタいと思われるかも」そんな理由でピンクから遠ざかってしまった貴女。ローズゴールドでもピンクゴールドでもない、新しい”サクラピンク”という色をご存知ですか?

PR:シチズン時計株式会社

2016.12.01 更新

出典: Your Inspiration/Shutterstock.com

女性らしさを引き立て、優しい印象を与えるピンク。しかし「自分には似合わない」「イタいと思われるかも」そんな理由でピンクから遠ざかってしまった貴女。ローズゴールドでもピンクゴールドでもない、新しい“サクラピンク”という色をご存知ですか? 大人の肌を明るく美しく見せる、サクラピンクの取り入れ方ご紹介します。

大人のためのピンク。“サクラピンク”の取り入れ方

1. 冬アウターに華を添える。“バッグ”

出典: Sabelnikova Olga/Shutterstock.com

つい無難な暗色を選びがちなバッグ。春夏はそれも良いですが、秋冬にファッショニスタがこぞって選ぶのは明るいカラー。派手すぎないサクラピンクはアウターの人気色に好相性で、初心者にも取り入れやすい色です。

2. 舞妓の目張りを参考に。“アイシャドウ”

出典: Your Inspiration/Shutterstock.com

瞳を明るく見せてくれるサクラピンクは、アイメイクにもおすすめ。お手本にするのは、舞妓の“目張り”。単色のアイシャドウを、指の腹を使って上まぶたの目尻にポンポンと乗せれば完成。定番のピンクと違い主張は控えめながら、凛とした印象を与えます。

3. 指を長く美しく。“ネイル”

出典: Minszka/Shutterstock.com

肌なじみの良いサクラピンクのネイルは、指を長く美しく見せてくれます。甘すぎず地味すぎない、絶妙な大人バランス。ワンポイントにゴールドを乗せれば、少しモードな雰囲気も漂う上級ピンクネイルに。

4. 輝きが肌にとけこむ。腕時計

サクラピンクの上品な風合いを一層活かせるのは、腕時計。肌にとけこむ優しいゴールドの色味が、女性らしい手首の華奢さを引き立てます。程よい可愛さと高級感で、誰からも好かれるスマートな印象に。

ピンクの中でも異彩を放つサクラピンク。実はこの“色”を生み出したのは、大人の女性に愛される腕時計を作り続ける『シチズン』でした。

日本女性のためのピンク。シチズン『デュラテクト サクラピンク』

1996年の発売以来、“本当にいいもの”を求める女性たちに選ばれ続けてきたシチズンの『xC(クロスシー)』。20周年を記念して、新しい“色”を作り上げたのです。

世界で唯一の色 “サクラピンク”

女性の肌を明るく美しく魅せることを追求した色、サクラピンク。“美しい人”をテーマに、シチズンにしか表現し得ない色として誕生しました。「強さ」と「優しさ」を併せ持つ、現代を生きる女性にふさわしい色。文字板上には細やかな粒の装飾が美しいミルグレイリング搭載の繊細なデザインで、目にした瞬間恋に落ちそうな腕時計です。

ダイヤに心を奪われる20周年限定モデル

さらに20周年を迎えるにあたり、サクラピンクの特別限定デザインも登場。上品な白蝶貝の文字板に、きらりと輝く4石のダイヤモンドをあしらったラグジュアリーな逸品。気品にあふれ、大人の女性のステージを上げる腕時計です。

xCが女性に選ばれる理由とは

身に着けると自信を与えてくれるような美しいデザインはもちろんのこと、xCが愛される理由は確かな品質にあります。その特徴は大きく2つ。

1. 電池交換・時刻合わせも手間いらず

太陽や部屋の光で充電するエコ・ドライブ電波時計の機能を搭載し、面倒な電池交換の必要がありません。さらに海外でも、世界4エリア(日本・中国・ヨーロッパ・北米)の電波を自動で受信し、世界24エリアの時刻もすぐにわかります。たとえ電波が届かないエリアに居ても、たった2ステップで時刻合わせが簡単にできます。

グローバルに生きる現代女性と共に時を刻むための工夫が、長く愛される理由。

2. 軽いのに傷がつきにくい

xCが使用している素材はチタニウム。ステンレスの半分の軽さで、長時間着けていても疲れにくく、ストレスフリーな着け心地です。シチズン独自の表面硬化技術により、ステンレスの5倍もの堅さで傷がつきにくい加工を実現。外出先のふとしたアクシデントでも、輝きを失いません。

大人になってから恋に落ちる時計は、一生もの。これからの大切な一瞬をともに刻むなら、身に着けるたびに自信を与えてくれるような“本物”を手に入れて。

Sponsored by シチズン時計株式会社

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

RANKING

人気記事

THEME

話題のテーマ

RECOMMEND

関連記事

Official Column
by.Sで記事を書いてみませんか?