人混み嫌いのカレも、きっと楽しめる。"無料"なのにロマンティックな穴場Xmasスポット

都心はどこも混み合ってせっかくのクリスマスも街の雰囲気をなんだかせわしなくて楽しめない。でも大人の選択肢は街のイルミネーションだけじゃない。ラグジュアリーホテルの装飾やツリー、イルミネーションがとっても素敵なんです。宿泊しなくても楽しめる、意外な穴場をご紹介します。

2016.11.25 更新

クリスマスに向けたデートやおでかけプランはもう立てましたか? クリスマスなんて、まだまだ先、なんて思っていても時間が経つのはあっという間。プランニングをしないまま過ごすのはもったいないですよ。

とはいえ、定番かつロマンティックでデートに最適な有名なイルミネーションというと・・・連日混雑は必至。人混みが苦手なカレはなかなか付き合ってくれないかも。でも、実は意外と知られていない無料なのにロマンティックなXmasデートスポットがあったんです。

"無料"でこんなにもロマンティック。都内のホテルが穴場でした

イルミネーションの名所を訪れるのも、もちろん素敵ですが、実は美しいライティングや装飾で見せてくれる場所は他にも。都内にあるラグジュアリーホテルのロビーの装飾、イルミネーションがとても綺麗なんです。

◆定番スポットに比べてこんなメリットが!

・宿泊しなくても、無料で雰囲気を堪能できる
・混雑していないから、ゆっくりできる
・ホテルの空気感に贅沢な気分になれる

など、Xmasシーズンのホテル巡りは嬉しいメリットがだくさんあるんです。

ぜひカレと行ってみて。都内のラグジュアリーホテル

ホテルニューオータニ

今年のテーマは「SWEETGARDENCHRISTMAS」。煌く日本庭園を眺めながら温かいムードを楽しめそう。
冬の澄んだ空気に映えるイルミネーションは、ホテル外周全体で約10㎞、13万球のLEDが瞬く都内ホテル最大級の規模で見応えは十分。

館内にはそれぞれの場所に調和する計33本のクリスマスツリーも登場。表情の異なるツリーを観ながら館内を巡るのも、この時期ならではの楽しみの一つ。
【開催日】
2016年11月13日(金)~12月25日(日)

ヒルトン東京

ロビーラウンジである「マーブルラウンジ」高さ6mの巨大クリスマスツリーが登場し、ホテルの顔ともいうべきラウンジを飾ります。ホテル内がクリスマスデコレーションで飾られ盛大なムードに。ホテルならではの華やかで大人なクリスマスムードが楽しめます。

「マーブルラウンジ」では、デコレーションが施された館内で、クリスマスデザートフェアやフェスティブコースなどが楽しめます。デコレーションを堪能するだけでなく美味しいお料理にも大満足間違いなし。
【開催日】
2016年11月1日(火)~12月25日(日)
※デザートフェアは1名:平日3,600円、土・日・祝日3,720円 14:30~17:30

ウェスティンホテル東京

ウェスティン東京のHoliday Season 2016は、高さ約5メートルの温かみ溢れるクリスマスツリーが今年も登場します。ツリーの周りは、たくさんのクマのぬいぐるみが集まり、小さな列車がトンネルをくぐって走っています。ストーリー仕立ての大迫力ツリーは必見。

毎年写真を撮るお客さんでにぎわうだけあって、ツリーのディティールへのこだわりは一級品。温かみのあるエレガントなクリスマスが過ごしてください。

【開催日】
2016年11月5日(土)~12月25日(日)

ハイアットリージェンシー

ハイアットリージェンシー東京では、クリスマスシーズンに煌めくイルミネーションと華やかなデコレーションに彩られたクリスマスツリーが登場。
一番の見どころは豪華絢爛なシャンデリア。28mのアトリウムロビーに輝くシャンデリアは圧巻。

オーセンティックで大きなクリスマスツリーはシルバーを基調としていて大人好みな装飾に。
また、ホテル外周エリアでは、約60,000個のLED電球によるシャンパンゴールドのイルミネーションも楽しめます。

グランドハイアット

グランドハイアットではクリスマスエリアと銘打ってロビーフロアに銀世界が出現。SNSにクリスマスデコレーションをUPするチャリティーイベントを開催しています。
テーマは「Wish Upon a Star」。ホワイトクリスマスを連想してしまような幻想的な風景に感動。

また外周エリアである六本木のけやき坂を代表される道々に光るイルミネーションにも注目です。ホテルに行く道中も美しいライティングに魅せられそうです。
【開催日】
11月11日~12月25日(日)

いかがでしたか?泊まった時に目にはするものの、それ以外の時は盲点だったラグジュアリーホテルのさすがとしか言いようのない豪勢な装飾。人ごみを気にしたり疲れたりしなくて良い、落ち着いたひと時を彼と共に過ごしてみてください。

Written byMr.lady

by.Sトレンド編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column