休日デートは「ベージュ→赤」にお色直しが◎ 昼も夜も、カレを魅了する旬顔リップ術

休日デートは彼と一日ずっと一緒。でも服を着替える訳でも髪型を変える訳でもないので、ずっと同じ印象のまま。だからこそリップを"お色直し"して彼を一日夢中にさせたい。ベージュ→赤のカラーチェンジで旬顏をずっとキープしましょう。

2016.11.25 更新

人肌恋しい季節。イベントも増えて彼とのデートもより楽しくなりますね。でも休日デートに出かけると、もちろん服は着替えないし印象はずっと同じまま。夕方〜夜になるとメイクも崩れがちだしくすみも心配…。彼とのデート、できることなら彼を飽きさせることなくずっと夢中にさせておきたいですよね♡

"リップのお色直し"で休日デートもマンネリ知らず

そこでおすすめしたいのが"リップのお色直し"。リップメイクは食事をしたり飲み物を飲んだりで自然に取れてしまいがち。それを逆手にとって、デート中のシチュエーションや時間帯によってリップの色を変えてしまうのです。

◆ベージュ→赤で常にいい女を保つ

明るい日中の待ち合わせ、いくらトレンドだからと言ってきつめの赤リップで現れると、男子はちょっと驚いちゃうかも…という証言も。そこでこんな一日のリッププランをご提案します。

待ち合わせランチ〜夕方まで

まず待ち合わせは落ち着いたベージュリップで。血色が悪く見えそうで上級者向けにも思えますが、ピンクベースの色を選べばナチュラルでふんわりした女っぽさを演出できるだけでなく、地の唇の色が綺麗なようにも見えちゃうのです。

THREEのリップは一見暗そうに見えても唇にのせると絶妙な発色のものばかり。顔色が悪くならないベージュリップとして秀逸です。

マットな濃いめのベージュは落ち着いて見せたい時に。ボビィブラウンのこんなカラーは、しっとりとした大人のデートにもってこいなのです。

夕方〜ディナータイム

ディナータイムが近づいて来たら勝負リップにお色直しベリー系のきつすぎない赤リップおしゃれ顏をアピール。顔色がくすみがちな時間帯だからこそ、明るめのリップを選ぶのが◎さらに、ディナーのテーブルではお互い上半身しか見えません。だからこそ服に頼るのではなく、メイクを華やかに。ここでベージュリップを使ってしまうといよいよ血色が悪く見えてしまうので要注意です。

セレブたちもレッドカーペットの授賞式など、勝負のタイミングは「赤リップ」で挑む場合が多いですよね。顔周りが華やかで自信のある女性に見える「赤」で印象チェンジを試してみて。

見たままの綺麗な発色に加え、マットな質感が今っぽいシャネルのリップ。インクのようなユニークな感触で、食べても飲んでも落ちにくいのが嬉しい。ディナーデートには最適の大人気リップです。

オーガニックでもしっかり発色してくれるのはMIMCどぎつくならない赤リップならば、男ウケもバッチリです。

メイク上級者はすでに使っている秘策、リップの"お色直し"。彼を飽きさせずに一日"旬顏"でいるためにも、是非参考にしてみてくださいね。

Written bytenamw

by.Sトレンド編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    by.Sで記事を書いてみませんか?