Ameba芸能人Blogまとめ

常備菜づくりは欠かさない。美食家の旦那をもうならす、白石美帆の"凄腕手料理"たち

2016.12.05

先日、長野博さんとの結婚が発表された白石美帆さん。長野さんといえば、プロ級の料理の腕前であることが有名。彼女のブログにはたびたび素敵な料理がずらり。今回は、そんな白石さんのこだわりの献立をご紹介します。

長野さんも納得させた、妻・白石美帆さんの手料理たち

長野さんは調理師免許と野菜ソムリエの資格を持っているうえ、食べ歩きやレシピの本も出版しているほどの料理通。そんな彼を納得させた白石さんは、凄腕の持ち主だと言われています。実際に彼女がブログに載せる献立は、どれも彩り豊かで美味しそうな料理ばかりなんです。

ブログに載せている食卓が素敵。なかでも和食は格別

◆手のこんだいくらのしょうゆ漬け

醤油、酒、みりん、
あご出汁、昆布
煮切ってからいくらを一晩漬ける
愛着のある美味しさよ
あぁ、土鍋いっぱいのご飯
何も考えずに全部食べたい欲望だ〜

いくらの醤油漬けを手作りしてしまうなんてすごいですよね。お出汁もちゃんととって一晩じっくり付けたいくらはきっと絶品。オリジナルで一から作ったおかずには愛着もわきそう。

◆お米にもこだわった和食が素敵

大切なお米の輝き
新米は水分量少なめで炊く
我が家のエース、土鍋さん
いつもイイお仕事ありがとう!
おかげで2杯半たべてしまった〜

お米は毎日土鍋で炊いているという白石さん。お米によってお水の量を調節するというこだわりようです。この日の夕飯では、ファンの方に頂いたというコシヒカリの新米を使っているそう。

谷中生姜の豚肉巻き
アスパラガス巻き
岩塩とブラックペッパー軽くなじませて
油はひかずに弱火からじっくりと
豚肉の脂がジュワッと出てきたら
中火でこんがり焼いて
醤油、お酒、みりんを1:1:1
この黄金比で焼き絡めていきます

主菜、副菜があり、汁物まで揃う白石家の食卓は見た目も美しいのが特徴。今回は雑穀玄米入りのご飯を使っていますね。隅々まで手が込んだ献立は、見習うべきところがたくさんあります。

◆魚のお煮付けも

たまに食べたくなる魚の煮つけ
お魚屋さんで黒ムツが目にとまり
お酒、甜菜糖、お醤油
アルミホイル穴あけて落し蓋
フライパンでささっと嬉し

なかなか作らないようなお魚の煮つけもササッと作ってしまえる白石さん。付け合わせもきちんと作ってあり、バランスもしっかりと考えられています。

◆常備菜づくりも欠かさない

連日ロケが続くので
常備菜作りに精を出す
まだ食べたいものあったけど
ひとまず今日はこれでお仕舞い
心と時間に余裕があるときには
自分のために無心に作る
ストレス発散になったりもしますね

忙しい毎日の中でも、常備菜づくりは欠かさない白石さん。毎日のお料理のほかにもしっかりと作り置きする余裕が素敵です。お料理がストレス発散にもなっているのだとか。

NHK
イッピンでお世話になった
仙台堆朱の職人 

一徳さんの棗でお稽古

結婚して、もっと素敵な夕飯が並ぶようになるかも。ブログに掲載される、これからの白石家の食卓が楽しみですね。

Written byにーこ

by.Sトレンド編集部

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend