スタイリストは自分自身。若さ頼り“girl”→理想の“lady”になるためのby.S世代が卒業すべき5項目

まだまだ若いby.S世代ですが、10代や20代前半とは違い、仕事面でもプライベート面でも大人の女性としての切り替えが必要な時期です。内面だけでなく外見のファッションも上品さを醸し出すため、今回は卒業すべき“若者ファッション”5項目をご紹介いたします。

2016.12.16 更新

Pinned from gofeminin.de

by.S世代は若いだけで全てが可愛く思えた10代、20代前半ファッションから卒業し、社会的な立場を考慮しつつファッションを楽しむ大人な女性にシフトチェンジする時期です。考えすぎて地味になった…、昔のセンスを引きずってしまう…という事にならないように、卒業すべきファッション5項目をチェックしておきましょう。

上品おしゃれにシフトチェンジするための卒業ファッション

①:リボンはシックに、さりげなさが◎

リボンやフリルは可愛いアイテムですが、「女の子」から「大人の女性」になるためには卒業したいアイテムの一つです。可愛いだけで取り入れると子供っぽい印象や最悪イタイ印象を与えてしまいかねないので、どうしても取り入れる場合はコートのベルトをリボン結びにしたり、ピンクではなくネイビーなどのシックな色で取り入れるなど、あくまでも気付くか気付かないかくらいがちょうどいいですよ。

②:“肌見せ”ではなく“ライン見せ”

谷間が見えるくらいに大きくデコルテが開いた服などは節度ある大人の女性は避けたいファッションです。また、今までは何も考えずに履いていたミニスカートやショーパンも生脚で履くのはNGです。女性らしさを出したければ、ボディラインが美しく見えるタイトスカートを着用したり、透け感のある洋服を活用するなど、エロさではなくセクシーさを演出しましょう。

③:“Higt”と“Low”の大人ミックスが◎

高ければいいという訳ではありませんが、全身がファストファッションばかりではなく、年齢を重ねたら靴や持ち物に一点しっかりとしたアイテムを合わせる事がポイントです。しかし、ブランド名ばかりにとらわれロゴが前面に出ているファッションばかりしているのもまた、おしゃれ上級者とは言えません。大人の女性になったらHigt&Lowのバランスを大切にし、自分のスタイルを見つけていきましょう。

④:柄物靴下⇒単色ソックスで上品に

靴下にもこだわるファッションが増えましたが、フリルがついたり柄が強いものだと子供っぽい印象を与えてしまいます。足元はセクシーさや品が宿る場所でもあるので、靴下を合わせるのであればブラックやホワイト、ベージュやグレーなどの単色使いがおすすめです。また、ヒールやソールの擦れをそのままにせず、メンテナンスするのもポイントですよ。

⑤:デザイン+“素材”に拘るイイ女

デザインも重要なポイントですが、上品な女性に大切なのは洋服の素材です。10代の頃はペラペラのいわゆる安っぽ素材を着ていても“若さゆえ”で許されていましたが、年齢を重ねるに連れてそういった素材は浮いてしまうのです。ヨレやシワを作らず、大切に着れば問題ないかもしれませんが、大人になったら素材に気を使えると◎ですよ。

大人になるからと言って地味になる必要はありませんが、ファッションに変化を持たせる事は大切です。“若さゆえ”を引きずらずに上品な大人の女性になるために上手にシフトチェンジしてくださいね♡

Written bylily

by.Sトレンド編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column