冬肌には透き通るような透明感を。ファンデーションで魔法をかける、“美肌の小顔”に変える塗り方

透けるようなみずみずしい肌は男女共に好感がもたれる美肌です。いつもはマットに仕上がりがちな方でも、ファンデの塗り方ひとつで全く違う肌質に変える事が出来るのです。今回は、厚塗りの粉吹き肌を回避し、美肌の小顔をつくるファンデーションの塗り方をご紹介いたします。

2016.12.21 更新

冬は化粧崩れを起こしにくい季節ですが、乾燥で粉が吹いてしまったり、夏のようなナチュラルな艶感が出にくい季節でもあります。しっかりファンデで「塗ってる感が凄いよね…」という厚塗りの重たい肌にならないように、美肌と小顔見せが叶うファンデーションの塗り方を試してみませんか?

透明感肌+小顔をつくるファンでの塗り方

▼生え際とフェイスラインには塗らない

①Tゾーン・目の下の頬の三角形・口元に液体ファンデを少量ずつ乗せる。

②顔の外側に向かって優しく馴染ませていく。


ファンデーションをお顔全部にまんべんなく塗ってしまうと顔のサイズを強調してしまいます。生え際やフェイスラインは空けて実際の顔よりも一回り小さくファンデーションを塗ることで、白浮きもせず肌に馴染みやすく、シェーディング要らずのナチュラル小顔見せが可能になるのです。

▼部分的カバーで透明感を

①気になる部分にクリームファンデorコンシーラーを乗せる。

②優しくたたくようにして肌に馴染ませる。


ファンデーションは必要最低限が厚塗りを阻止する重要ポイントです。全てを隠そうとせず、薄付きでOKなところはあくまで軽く、気になる部分だけをカバーしてあげましょう。そうする事でナチュラルな美肌に見え、透明感も生まれますよ。

▼粉はパフではなくブラシを使用

①パウダーをブラシにつけ手の甲でくるくると回す。

②ブラシについた余計な粉を落とし、均一になるようにしたらお肌乗せる。
※ブラシの毛先がフワッと滑らかにのるように。


パフを使用すると抑え込むように力が入るので、ファンデやパウダーがしっかりとお肌につき、厚塗り感がでてしまいがちです。ブラシで優しくつける事で美しい光沢感も出るので透明感溢れる肌に仕上げてくれますよ。

潤い溢れる肌は若見えや清潔感も与えてくれます。勿論保湿も十分に行った上で、ぜひナチュラルに美しいファンデの塗り方にTRYしてみてくださいね♡

Written bylily

by.Sトレンド編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column