足のコンプレックスをなかったことに。ロングブーツで作る大人の絶対領域細見えテクニック

2017.01.11

昨年から引き続きショートブーツの人気は止まりませんが、真冬の防寒を考えれば本当はロングブーツのほうが実用的ですよね。そんなロングブーツで細見えも叶えてみませんか。ショートブーツと違ってロングブーツには丈や筒の太さなど様々なデザインがあるので、自分にピッタリなものを探しやすいというところにもメリットがあるのかもしれません。

オリビア・パレルモから学ぶロングブーツコーデ

ロングブーツにあえて長めのボトムスを合わせる

ロング丈のボトムスにショートブーツを合わせてしまうと、ショートブーツの履き口が見え隠れすることですっきりしない印象に。ロングブーツなら履き口とボトムスの裾が重なることもなく、足元がきれいにまとまります。

ニーハイブーツ×ミニスカで最大級の足長細見え効果を

足先から太ももまで境界線のないニーハイブーツは足を長く見せてくれる効果が期待できますので、ショート丈のボトムスとセットで合わせたいですね。また、ボトムスとブーツに隙間を作ることで足の長さがより曖昧になりスタイルUPにも一役買ってくれそう。

ロングブーツで叶える真冬のスタイルUPコーディネート

他アイテムと対比させ細見えを叶える

Pinned from bloglovin.com

  • like42
  • repin236

ゆったりとしたロングブーツやオーバーサイズのゆったりニットなどの対比から唯一見えている太ももが細く見える効果が期待できそう。ボトムスもフレアーしているところも◎。

境界線なし!ニーハイブーツで足長効果を最大限に

Pinned from thecelebrationdujour.com

  • like113
  • repin562

ニーハイブーツは足先から太もも近くまで境界線がなく、足を長く見せる効果があると言えそうです。ブーツとスカートの間に隙間を作りことにより、さらに足の長さを曖昧にさせてくれるのでスタイルUPも期待できそうですね。

足首、ふくらはぎの太さは隠してなかったことに

ブーツの筒が太めだと足が太く見えるのでは…と心配もしてしまいますが、むしろふくらはぎや足首にコンプレックスのある方は、隠してしまうという着こなしもおすすめ。

ボトムスをブーツインして下半身ををすっきり見せる

ブーツとボトムスを一体化させることで下半身がすっきりとして見えますね。ロングブーツをゆとりのあるものにすれば、足首や太ももの太さを隠せるので一石二鳥です。

ロングニット×ロングブーツで“足の長さ”を曖昧に

ロングニットでは股下から下の長さが、ロングブーツでは膝下からの長さが曖昧になることで、実際よりスタイルUPして見えると言えそうです。また露出も控えめになることから挑戦しやすいコーディネートであるのも嬉しいですね。

数年前まではロングブーツが主流だったのもあり、仕舞いこんだままというかたもいらっしゃるのではないでしょうか。是非、この冬も防寒&オシャレに活用していきましょう。特に皮製品はたまに出してあげることも大切です。

Written byらんまる

by.Sトレンド編集部

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend