外パリッ中とろ〜。"バーナーなし"でもできる憧れの「クレームブリュレ」秘密のレシピ

クレームブリュレといえば、表面パリパリ、中とろりの絶妙な触感のコンビネーション。でも表面のパリっとしたカラメルはバーナーがないと作れない、と諦めていませんか?実はどの家庭にもあるグリルでもあの"パリッ"が表現できてしまうのです。

2016.12.28 更新

お家でつくりたくてもなかなか難しそうで敬遠しているお菓子って結構あるもの。でも工夫次第で実は簡単に作れてしまったりするのです。今回は、名前を聞いただけでも顔が緩んでしまいそうな幸せスイーツ"クレームブリュレ"が、簡単にお家で作れてしまう秘密のレシピをご紹介します。

バーナーがなくてもできる。外パリっ中とろ〜のクレームブリュレシピ

クレームブリュレといえば、なんと言ってもあのパリパリのカラメルが特徴。でもバーナーがないと再現できるはずない…そう諦めていませんか?お家にバーナーがなくても、本格的なクレームブリュレが作れるレシピを発見。早速ご紹介します。

バーナーがなくても、レンジについているグリル機能や、魚焼きグリルで代用できることが判明。諦めていたあなたもトライするチャンスです。

♡材料♡(300ml耐熱容器×2個分)

卵黄:3個
生クリーム:200ml
牛乳:50ml
グラニュー糖:20g+20g
黒砂糖:10g
米粉:大さじ1
ブランデー:小さじ1/2
バニラエッセンス:4〜5滴
バター:5g

♡作り方♡

1.生クリームを入れた耐熱ボウルに、牛乳、グラニュー糖20gを加え、ラップをして電子レンジで1分加熱。よくかき混ぜてグラニュー糖を溶かす。

2.卵黄を加えてよくかき混ぜ、米粉を加える。混ざったらブランデー、バニラエッセンスを加える。

3.茶漉しでこしながら別のボウルにうつす。

4.耐熱容器の内側にバターを薄く塗り、容器の7分目くらいまで3の液を入れる。

5.天板にのせ お湯を張り160℃のオーブン 15~20分蒸し焼きにする。
加熱後は、少し冷ましてから耐熱容器を取り出しお湯は捨てる。

6.グラニュー糖、黒糖を絡ませ、茶漉しでムラのないように振りかける。

7.レンジのグリルモード、もしくは魚焼きグリルで焦げ目がつくまで焼く。

8.粗熱を取ってラップをし、冷蔵庫で1時間冷やしてできあがり!

黒糖はなくてもOKですが、入れることでより深い味わいが楽しめます。パリパリのカラメルと、とろっとろで冷たい中身の最高のコンビネーションが自宅で簡単に味わえるなんて感動ですよね。

難しそうに思えるクレームブリュレも、意外と簡単にできてしまうもの。今度のお休みに、是非試してみてはいかがですか?

Written bytenamw

by.Sトレンド編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column