素敵な女性たちの姿に勇気がもらえる。年末年始に見たい"元気が出る映画3選"

2016.12.27

2016年は、どんな1年でしたか?年始は、少しゆっくりして、前年を振り返ったり、新たな目標を定めたり、自分のための時間も大切にしたいですよね。そこで今回は、心新たにする年始にふさわしい、見終わったら元気が出るような、頑張る女性が主人公映画をご紹介します。

2016年→2017年。いいことも悪いことも、心の糧にして

仕事や恋愛、健康、家族のこと...。2016年、いやなこともあれば、いいこともあり、その度に泣いたり、笑ったりしながら、あっという間に1年過ぎたという方が多いのではないでしょうか。

せっかくの新年、ここらで少し休憩し心の整理をして、次の1年に進む英気を養ってみてはいかがでしょうか。

次の1年もまた心新たに。見終わったら元気が出る映画3選

時に悩んだり、もがいたりしながらも、あるがままを受け入れ、楽しみ、前に進んでいく。自分の道を歩む、素敵な女性たちが主人公の映画を集めてみました。

1.私がクマにキレた理由

まずは、ひょんなことから請け負った"ナニー"という仕事から、自分自身を見つめ直していく主人公アニーの、爽快サクセス・ストーリー「私がクマにキレた理由」です。悪戦苦闘しながらも、成長していくアニー。一生懸命で温かく、ポジティブに生きるアニーの姿に、明日に向かう元気と勇気をもらえるはずです。

2.セックス・アンド・ザ・シティ

続いて、一大ムーブメントを巻き起こしたTVシリーズの劇場版「セックス・アンド・ザ・シティ」。4人の女性の思いもよらないハッピーエンドの続きが描かれています。生きていると、自分の予想や計画通りに進まないこともありますよね。でも、思い通りにいかなくて、たとえ悪いことがあっても、やっぱりいいことだってある、だから結局人生って楽しいと思えるような、前向きになれる作品です。

3.マダム・イン・ニューヨーク

最後は、ごく普通の主婦が、コンプレックスをはねのけ、ひとりの女性としての誇りと自信を取り戻していく物語「マダム・イン・ニューヨーク」です。新しいことに挑戦するのは、誰しも躊躇しがちですよね。でも、できないと決めつけ、可能性を閉じているのは、他でもない自分自身なのかもしれません。少しの勇気が自分の世界を変えていくと、背中を押してくれるような映画です。

いかがでしたでしょうか。映画の女性たちの姿から、次の1年も頑張る勇気がもらえるはず。いいことも悪いことも全部糧にして、2017年も素敵な1年にしてくださいね。

Written byYu

by.Sトレンド編集部

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend