安い牛肉も、しっとり柔らか。みきママ流・最高のローストビーフを作る3つのポイント

みきママが、クリスマスやお正月の定番料理『ローストビーフ』の作り方をご紹介。みきママ流・安いお肉でも柔らかでおいしく出来る3つのポイントとは・・?

2016.12.21 更新

「安くて豪華に見える家族が食べたい家ごはん」をコンセプトに、工夫をこらしたレシピを紹介しているカリスマ主婦ブロガーのみきママさん。彼女のブログには、節約レシピや残り物をリメイクしたレシピなど、毎日の家庭料理に役立つ情報が満載です。

今回は、クリスマスやお正月の定番料理『ローストビーフの作り方をご紹介。みきママ流・安いお肉でも柔らかでおいしく出来る3つのポイントとは・・?

「100g100円台の牛もも肉でやわらかいローストビーフが作れます!」

あと4日でクリスマスです!!楽しみすぎる~!!いくつになってもクリスマスが楽しみです~!!もう37歳なのに。
クリスマスと言ったら、ローストビーフでしょ~!!
 

100g100円台の牛もも肉でやわらかいローストビーフが作れます!!

牛もも肉に下味をつける。

① 牛もも肉に下味をつける。牛もも肉(500g、4㎝厚のもの)を冷蔵庫から出して3時間ほど常温に置いて塩(小さじ1)・胡椒(小さじ1/4)をもみ込む。

ローストビーフを焼く。

② ローストビーフを焼く。26㎝のフライパンにサラダ油(小さじ1)を入れて強火で熱し、肉を入れて、強火で2~3分ほど全面焼き色がつくまで焼く。

酒(大さじ4)を入れ、蒸気のもれない蓋をして、弱火で7分ほど蒸し焼く。

アルミホイルに肉だけのせてぴったりと包む

蓋をあけ、肉の中心にフォークを刺して10秒ほど待ち、抜いたら唇にフォークをあててほんのり温かい温度になって、肉にパンっと張りが出ていたら、

30㎝の長さに切ったアルミホイルに肉だけのせてぴったりと包み、常温で1時間置いて余熱で火を通す。

肉がまだ冷たい場合、蒸し時間を1分ずつ追加する。

電子レンジでソースを作る

③ ソースを作る。耐熱ボウルに薄切りにした玉ねぎ(1個)を入れて、

ラップをせずに600w電子レンジで3分加熱し、醤油(大さじ5)・砂糖(大さじ3)・オリーブ油(大さじ1)・おろしにんにく(小さじ1/2)・顆粒昆布だしの素(小さじ1/4)・胡椒(少々)を加えて常温で冷ましておく。

できあがり!

④ ②の牛肉をアルミから外し、1㎜厚の薄切りにして皿に盛り、ソースを添えてできあがり。

ポイントは3時間常温に出すこと、温度を確認すること

安い牛もも肉をやわらかく焼くコツは、焼く前に必ず3時間常温に出すことと、蒸した後フォークで中の温度を確認することです!!

そして、ローストビーフを薄く切ること

オニオンソースも激うまですよ~!!

ローストビーフはできあがったら、薄く切ることが大事です!!

安い牛もも肉がやわらかくて、でも肉々しい美味しいローストビーフになります~!!

いかがでしたか?クリスマスやお正月に、是非挑戦してみてくださいね。

このほかにもみきママさんのプライベートが覗けるAmebaオフィシャルブログはこちらからご覧になれます。ぜひチェックしてみてくださいね。

◆藤原家の毎日家ごはん。

Written bys

by.Sトレンド編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    芸能人トピックス

    • NEWHOT
    • NEWHOT
    • 市川海老蔵

      アメーバMVB

      市川海老蔵

    • {{talent.nick_name}}
      王冠 state

    • {{talent.nick_name}}
      state

    • {{talent.nick_name}}
      state

    • {{talent.nick_name}}
      state

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column