お取り寄せグルメNo1。極薄クレープを重ねた「eLcafe」の"レアルミルクレープ"を堪能して

ふんわりとソフトな感触のミルクレープは、その何とも言えない食感で女性達を虜にしています。そんなミルクレープにも元祖というものがあります。今回は、ミルクレープの生みの親が作った"本物"のミルクレープをご紹介します。

2017.01.03 更新

ふんわりとソフトな感触のミルクレープはその何とも言えない食感に虜になってしまう女性達が多いのではないでしょうか。そんなミルクレープにも元祖というものがあります。今回は、ミルクレープの生みの親が作った"本物"のミルクレープをご紹介します。

「お取り寄せグルメ」堂々の1位。Lcafeの"レアル"なミルクレープ

ミルクレープの専門店であるLcafe(エルカフェ)は、ミルクレープの生みの親である関根俊成シェフが作った、"レアルミルクレープ"で有名。

新しいケーキの食感を模索する中で生まれてきたミルクレープ。その始まりは、当時流行していたミルフィーユクレープ、そして関根シェフが学んでいたラザニアの3つの食べ物を基にして考案されたのだとか。
そんな、元祖ミルクレープは"全国お取り寄せグルメ日本一決定戦"楽天市場の「ミルクレープ部門」でも1位を獲得しているお取り寄せミルクレープなのです。

「薄さ」と「鮮度」が最強なのです。"本物"のレアルミルクレープ

Lcafeのレアルミルクレープは、クリームとクレープを20層以上に重ね合わせた生地にクリームが染み渡り、焼ごてで焦がしたキャラメリゼと合わさったほのかな苦味と甘さを兼ね備えた繊細な味。そんなミルクレープは、元祖として"レアル(本物)"にこだわって作られているのです。

◆「薄さ」が織りなす、"滑らかな"舌触り

本物といわれる理由は、向こうが透けるぐらい極限まで薄く仕上げたクレープ。その薄さを追求するために、繊細な火加減調整を行い、手作業で一枚一枚丁寧に重ね合わせているのだとか。それらの技術で作り上げたクレープは、薄さからは想像できないほどしっかりと生地の存在感があり、しっとりとした滑らかな舌触りなのです。

◆「鮮度」にこだわった"オリジナルクリーム"

クリームは、自家製カスタード生クリームをブレンドした"オリジナルクリーム"を使用。そんなクリームの一番のこだわりは鮮度」。その日使う分だけクリームを作り、作り置きは一切なし。そんなこだわりが"しっとり感"と"さっぱりとした口当たり"を実現しています。

◆リアル店舗では、嬉しい"4種類"

エルカフェにはリアル店舗もあります。お取り寄せでは、プレーンショコラの2種類ですが、なんと東急プラザ蒲田店2階にある本店では抹茶チーズのミルクレープにお目にかかれますよ。また、DEAN & DELUCAでも買えるとのこと。

ミルクレープの生みの親が作ったレアル(本物)なミルクレープ。元祖の薄さと鮮度にこだわったスイーツを是非ご賞味あれ。

Written by

by.Sトレンド編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    by.Sで記事を書いてみませんか?