ねっとり、とろける口溶け。"半月待ち"の究極の練り菓子、銀座かずやの"煉"を求めて‥

美味しい和菓子を食べると「あぁ、日本に住んでいて良かったな」と改めて感じますよね。餅菓子に羊羹、わらび餅などいろいろな和菓子がありますが、今回おすすめしたいのは「煉り菓子」。なんでももっちりとした食感、口の中でとろける口溶けが独特の半月待ちで予約が絶えないほどの人気の「煉り菓子」があるというのです。

2016.12.26 更新

美味しい和菓子を食べると「あぁ、日本に住んでいて良かったな」と改めて感じますよね。餅菓子に羊羹、わらび餅などいろいろな和菓子がありますが、今回おすすめしたいのは「煉り菓子」。なんでももっちりとした食感、口の中でとろける口溶けが独特の半月待ちで予約が絶えないほどの人気の「煉り菓子」があるというのです。

半月待ちの究極の煉り菓子「かずやの煉 抹茶」

半月待ちは確実という予約必須の「かずやの煉 抹茶」。お店は日比谷駅近くのビルの中にある小さなお店。こちらは知る人ぞ知る菓子専門店で、連日この「かずやの煉 抹茶」を求め多くの人が訪れるお店なのです。

♦︎「銀座かずや」で一番人気の看板商品「かずやの煉 抹茶」

日比谷駅からほど近い雑居ビルの中にある「銀座かずや」。1坪という小さなお店ですが、知る人ぞ知る人気店。一番人気は煉り菓子の「かずやの煉 抹茶」で、予約完売商品、半月待ちという究極の煉り菓子なのです。

♦︎ねっとり、滑らかな舌触りが絶妙

笹の葉につつまれたぷるんぷるんの煉り菓子。絶妙な火加減とタイミングで長時間練り上げたその食感は、まったりとした、もったりとした、そしてもっちりとした独特の食感が特徴。そして口の中に入れた瞬間に滑らかな舌触り、すっと溶けていく食感と口の中に広がる風味がたまらなく美味しいんです。

♦︎高級な八女抹茶を使用

日本有数の高級茶として知られる八女抹茶をたっぷりと使用した「かずやの煉 抹茶」。上品な抹茶の甘味、苦みが絶妙でその濃厚さはじんわり身体に染み渡るような深い味わいです。

♦︎半月〜1ヶ月待ちは確実

「かずやの煉 抹茶」は店頭のみの販売で地方発送もなく予約完売商品。手に入れるためには、まずは予約専用の電話にて予約をすることが必要。予約受付は1ヶ月前からとのことなので目当ての日から逆算して予約をしましょう。

♦︎「煉り抹茶」も美味しそう...♡

白蜜をかけていただく、ほどよい弾力と上品な抹茶のほろ苦さと香りが大人のティータイムを優雅にしてくれる「煉り抹茶」もおすすめ。

「かずやの煉」
予約専用電話:03-3503-0080

銀座かずや
東京都千代田区有楽町1-6-8 松井ビル1階

抹茶の甘味と絶妙な苦みを、このねっとりもっちり食感がさらに美味しくアップさせた「かずやの煉 抹茶」。この上ない独特の食感と抹茶の深い美味しさをぜひ貴女も味わってみてはいかが?

Written byRaNran

by.Sトレンド編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    by.Sで記事を書いてみませんか?