オフショル×大判ストールで美しく過ごす。寒さに負けない冬の『肌見せルールBOOK』

防寒のために重ね着することで、肌見せエリア=ゼロになりがちな冬。オフショルニットと大判ストールで、程よく色っぽい冬の肌見せコーデを楽しんでみてはいかがでしょうか。

2016.12.26 更新

寒さ厳しくなるこれからの季節は、マフラー、ニット、タイツ…と防寒を意識したコーデに。肌が一切見えない、ガチガチの防寒コーデはちょっとやぼったいかもしれません。しっかりと防寒もできて、程よく美しい肌見せも叶うコーデの鉄則は、"オフショルニット×大判ストール"。オンオフ両方使える着こなしパターンをご紹介します。

防寒もばっちり。冬の"肌見せ"コーデのルール

冷えは女性の大敵。アウターを着てる時は防寒に徹するとしても、アウターを脱いだら、程よく肌見せできると美しいですよね。鎖骨の部分や肩の華奢さは女性ならではの色っぽい部分。バランスよく肌見せしましょう。

ニットは"オフショル"を選ぶべし

手首、足首の肌見せはよくありますが、冬のキラーワードは「デコルテ見せ」。この時期は丸襟やVネックニットを着ている女性が多いので、周りとの差もつけられちゃいます。鎖骨を出すことで、顔周りがスッキリ見える効果もあるんですよ。

オフショルニットはどんなスカートとも相性抜群

オフショルニットは使い回し抜群のアイテム。今季流行りのボリューミーなフレアスカートやロングスカートと合わせると、肌見せしている分スカートのシルエットの重さが気にならなくなります。

オフショルニット×ワイドパンツで程よくレディに

ワイドパンツのようなマニッシュなアイテムとも相性抜群。肌見せエリア=ゼロでも、チラ見えする鎖骨のラインが美しくて全体的にバランスが取れるんです。

室内でも羽織れる"大判ストール"をかけるべし

オフショルニット一枚だと少し寒いという方や、露出が気になる方におすすめなのが、大判ストールとの組み合わせです。大判ストールは冬の必需品。室内でも羽織れますし、膝掛けとしても活躍してくれますよね。オフショルニットと組み合わせて、冬を美しく乗り切りましょう。

冬の大本命はチェック柄

冬と言えば季節感の出るチェック柄。白いオフショルニットには赤の入った大判ストールがぴったりですね。

無地×スニーカーでスポーティーに

どんなオフショルコーデにも使える万能ストールは無地。オフショルで女性っぽさを出し、足元はあえてスニーカーではずすと、スポーティーな雰囲気が出ておしゃれですね。

肌見せコーデになかなか挑戦しにくい冬ですが、オフショルニット×大判ストールで賢く美しく冬を乗り切ってみましょう。

Written byCathy

by.Sトレンド編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    by.Sで記事を書いてみませんか?