使える料理は∞です。意外となんでも隠し味になる「ピーナッツバター」の実力値を知っている?

2017.01.05

朝の定番といえばトースト。トーストのお供といえば皆様はなんですか?バターやマーガリン、はちみつ、メープルシロップなどが根強く人気ですが、ピーナッツバターが大好きという方も多いと思います。でもこのピーナッツバターを買ったものの持て余している人、多いんです。

あまりがちなピーナッツバター、その実力を知っていますか?

ピーナッツバターといえばトーストに塗るもの。でも意外と容器は大きいし、頻繁に使うものでもないし、冷蔵庫の中で眠っている・・・なんて人も多いのでは?
実は、このピーナッツバター、常備しておけば色んな料理に使える万能調味料なんです。ピーナッツバターを使うだけで味がエスニック風になったり風味や甘みが増したり、と知っていると損はしないことだらけ。

ピーナッツバターの知って得する使い方

◆初級◆

・みそ×ピーナッツバター

みそとピーナッツバターを混ぜるだけで立派なおかずに。ソース代わりに野菜と一緒に頂いても、ピーナッツ自体を一緒に混ぜておつまみのように頂いても◎
あまじょっぱい味がクセになります。

・カレーに

ご家庭のカレーをふつうに作って、隠し味にピーナッツバターをぽとりと落とすだけ。なんともコクのあるまろやかな味になって◎深い味わいはまるでお店で提供されるカレーのよう。みんな大好きなカレーこそ、一歩上をいきたいって方はお試しあれ。

・ピーナッツバター和え物に

食卓の定番おかずやお野菜を使って和え物にするのも簡単だけどピーナッツバターの魅力を味わえて◎こちらの写真では人参と和えていつもの食材を新鮮な味付けにアップデート。

【中級編】

・担担麺に

辛さと複雑なスパイスがクセになる担担麺のコク付けにピーナッツバターが使えます。
家庭で作るスープはどうしても複雑な味を出すのは難しいものですが、ピーナッツバターをぽとりと落とすと深みのあるまろやかな味わいになるので是非実践してみて。

バンバンジーのソースに

棒棒鶏に使っているゴマダレもピーナッツバターを加えてアクセントをプラス。
絶妙な甘味とまったりした食感がお料理を格上げしてくれます。食卓に出せばどこかで買ってきたソースと思われそうな珍しい味付けになって、みんなを驚かせちゃいそうですね。

アイディア1つでピーナッツバターの使い道は∞です。

いかがでしたか?ピーナッツバターの使い道がなくて冷蔵庫に眠らせていた貴方。今日から朝食にも夕食にもフル活用できそうですね。どんなお料理に使ってもはずれがなさそう万能調味料。ぜひストックして色々なレシピを考えてみて下さいね。

Written byMr.lady

by.Sトレンド編集部

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend