まるでアナ雪の世界。一面の"雪の華"に圧倒される絶景「フロストフラワー」をその目でご覧あれ

凍った湖の上に咲く氷の花"フロストフラワー"。限られた条件下でしか見ることのできない幻の絶景です。見られる時期や氷の花が咲く理由をご紹介します。

2017.01.05 更新

真冬の限られた条件下の元でしか見ることのできない、「死ぬまでに見ておきたい絶景」として知られる"フロストフラワー"。自然が作り出した氷の花が辺り一面に咲くという、とても幻想的な光景です。一体なぜこのような現象が起こるのか、また、見られる条件などをご紹介します。

冬を全身で感じられる絶景「フロストフラワー」

"フロストフラワー"という言葉を初めて耳にする方も多いのではないでしょうか。凍った湖の上に昇華した水蒸気が付着して結晶ができ、それが徐々に発達して行って花のように見える光景のことを指します。『死ぬまでに見ておきたい絶景』として本で紹介されてから、広く知れ渡るようになったそうです。

湖の上に霜が降ることでできる絶景。まさに雪の華

フロストフラワー現象が起こる始まりの時間は夜。深夜過ぎに気温の冷え込みと共に霜の結晶が徐々に大きくなり、手のひらサイズの氷の花になります。見られる期間は12月から3月まで。北海道の阿寒湖が氷で覆われる時期にのみ体験できる、白銀世界の感動的な絶景です。

アップで見ると、霜でできた花のような結晶が

フロストフラワーをアップで見てみると、氷の上に咲く真っ白な花のよう。自然が作り出した氷の花だなんて、とてもロマンチックですよね。

見れるのは北海道の「阿寒湖」 但し条件が、、、

フロストフラワーを見るためには、幾つかの条件をクリアしなければなりません。見られる条件は、
・場所は北海道の阿寒湖
・冷たい風が吹かない早朝であること
・時期は12月〜3月
・前日がしっかりと晴れていること
昨年の発生率は20%だったそうです。しっかりと下調べして、なるべく2泊以上の余裕を持って見に行きたいですね。

Pinned from flickr.com

  • repin1

限られた条件下でしか見ることのできない絶景"フロストフラワー"、発生期間中に阿寒湖の方に旅行に行かれる方は是非チェックしてみてくださいね。

Written byCathy

by.Sトレンド編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column