2017年こそは一歩先行く、いい女。オーダーメイド"懐紙"をバックにしのばせて

エレガントな女性は何事も美しくスマート。ちょっとしたことを素敵に見せてくれるテクをいくつも身につけています。そんなテクのひとつに"懐紙使い"、というのがあります。懐紙と聞いても何のことだか分からない貴女、2017年はエレガントさをちょっとずつ身につけていく1年にしてみませんか?

2017.01.08 更新

エレガントな女性は何事も美しくスマート。ちょっとしたことを素敵に見せてくれるテクをいくつも身につけています。そんなテクのひとつに懐紙使い、というのがあります。

懐紙とはお茶席で和菓子をいただく際に器の代わりに使う和紙
のこと。それだけでなくさまざまな使い方があるのです。懐紙と聞いても何のことだか分からない貴女、2017年はエレガントさをちょっとずつ身につけていく1年にしてみませんか?

大人の女性のたしなみとして身につけたい"懐紙"使い

大人の女性なら覚えておきたい"懐紙"使い。とはいえ"懐紙"と聞いても何のことか分からない、という人もきっと多いと思います。そんな貴女、2017年はエレガントな大人の女性を目指すべく日常でのちょっとした"懐紙"使いを覚えておきませんか?

♦︎大人なら覚えておきたい"懐紙"とは

"懐紙"とは茶道の席などで和菓子をいただく際に器の代わりに使用する和紙のこと。正しくは懐中紙といい、「懐(ふところ)に束ねて入れておく紙」として日常でさまざまなことに使用されています。

♦︎しぐさをエレガントに魅せてくれる使い方

"懐紙"の使い方はお茶席で和菓子をいただく際に使う以外にもさまざまな使用方法があります。日常でのちょっとした"懐紙"使いをマスターして普段のしぐさからエレガントな女性を目指しましょう。

♦︎口元や指先、箸やグラスの汚れを拭く

食事の際に気になる口元や指先、箸やグラスの汚れ。お店から提供されるおしぼりやナプキンを使用するのもいいのですが、おしぼりやナプキンの見た目も汚くなっては何だか上品に見えない。ということでバッグの中からサッと"懐紙"を出し拭き取ってみましょう。

♦︎焼き魚の中骨をはずすときに...

和食の席などで出てくる焼き魚。箸で上手に食べられるときはいいのですが、場合によっては手を使ってしまうこともしばしば。そんなときは料理を直接触るのではなく"懐紙"を手に添えてみて。

♦︎取り皿の代わりとして使う

お菓子などちょっとしたものをいただく際、取り皿が用意されていなかったりすることもありますよね。そんなときは"懐紙"を取り皿代わりとして使用しても。また立食パーティなどでグラスの水滴を拭いたりするのにも役に立ちますよ。

京都「辻徳」のオーダーメイドの"懐紙"

京都にある懐紙専門店「辻徳」では名前や家紋を入れたオーダーメイドの"懐紙"を作ることができます。雰囲気たっぷりのレトロなお店の中にはさまざまな"懐紙"や"懐紙"入れなどが揃っています。

♦︎大切な人に贈りたいオーダーメイド"懐紙"

また、懐紙専門店「辻徳」のネットショップではオーダーメイド懐紙を簡単に注文することができます。

注文の仕方は簡単
。デザインを考えまずは見積もり。注文を確定したら、デザイン案を確認し修正、デザインを確定したら印刷したものが届くというシステム。粋な贈り物として、大切な人にプレゼントできる女性になりたいですね。

エレガントなしぐさに確実に見せてくれる"懐紙"使い。大人の女性ならぜひ身につけておきたいマナーです。ぜひ貴女だけのオーダーメイド"懐紙"で2017年は美しいしぐさをマスターしてみてはいかがですか?

Written byRaNran

by.Sトレンド編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column