鯛を釣って良縁のアドバイスをGET。恋愛&結婚は縁結びの神様「川越氷川神社」の"あい鯛みくじ"に聞く

埼玉県にある縁結びの神様で有名な「川越氷川神社」。今回は、そんな「川越氷川神社」の縁結び用のおみくじ「あい鯛みくじ」をご紹介します。鯛の形をした、なんともご利益のありそうなおみくじなんです。

2017.02.03 更新

今年こそ、素敵な彼が欲しい、結婚を前提としたお付き合いがしたい...。そう願う女性にとって、縁結びの神様にはやっぱり味方についていて欲しいもの。今回ご紹介するのは、埼玉県にある縁結びで有名な「川越氷川神社」。縁結び用の鯛のおみくじ「あい鯛みくじ」が、釣れるんです。

"縁結びの神様"で有名な「川越氷川神社」

今から約1500年前に創建されたと伝えれらている「川越氷川神社」。素盞鳴尊(すさのおのみこと)を主祭神とし、出雲大社の縁結びの神様としても知られる大己貴命(おおなむちのみこと)など、五柱の神様(ご祭神)がお祀りされています。これらの神々がご家族であることから、川越氷川神社は「家族円満の神さま」として、また、ご祭神に二組のご夫婦神様が含まれていることから、「夫婦円満・縁結びの神様」として信仰されているんです。

「川越氷川神社」には、境内の小石を持ち帰って大切にすると良縁に恵まれるという言い伝えがあり、その小石のお守り「縁結び玉」は、大人気。身を清めた巫女が小石をひとつひとつ拾い集め、麻の網に包んだ後、毎朝神職がお祓いをして奉製しているそう。縁結びを願う方なら、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。20体限定で頒布されているため、なかなか手に入らないことでも知られています。

良縁を思い釣り上げる「あい鯛みくじ」

そんな「川越氷川神社」には、おみくじにも縁結び用があります。鯛の形をした、なんともご利益のありそうなおみくじなんです。

◆神様に良縁に関することをお伺いしたい時は「あい鯛みくじ」を引くべし

お参りが終わると、やっぱり気になってしまうのがおみくじ。「川越氷川神社」には、鯛のおみくじが「一年安鯛みくじ」と「あい鯛みくじ」の2種類あります。「一年安鯛みくじ」には全般的な内容が書かれたおみくじ、「あい鯛みくじ」には良縁に関することが書かれたおみくじが入っているそう。

◆小さな釣り竿で、自分の鯛を捕まえて

このおみくじ、引き方も少し変わっているんです。小さな釣り竿が用意されているので、その釣り竿を使い、自分がこれだ!と思う「あい鯛みくじ」を釣ることができます。

◆釣った鯛は、縁起物として持ち帰るのが◎

鯛の尾っぽに入っているおみくじは、普通のおみくじ同様、大切に持ち歩くか、境内のおみくじ掛けに結びます。釣った鯛は、縁起物として持ち帰り大切にするのがよいそう。

気になる、恋愛や結婚。「川越氷川神社」でお参りをした後は、「あい鯛みくじ」で今年の良縁のアドバイスを頂いてみてはいかがでしょうか。

【川越氷川神社】
住所:埼玉県川越市宮下町2-11-3
電話番号:049-224-0589

Written byYu

by.Sトレンド編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column