近状報告が“充実アピ”に?嫌われ女子になりがちかも…強すぎる自己顕示欲を満たす日常の4つの方法

SNSは自己顕示欲を満たすための便利なツールと言えますが、近状報告が“自慢”に変わると嫌われ女子のレッテルを貼られてしまうかもしれません。充実アピールで周りからの冷ややかな目線を回避するため、今回はSNS以外で行う自己顕示欲の満たし方をご紹介いたします。

2017.02.21 更新

キラキラ女子という言葉が流行すると同時に“自己顕示欲”という言葉もよく耳にするようになりましたよね。しかし、この欲は注意しなければ知らない間に嫌われ女子認定されてしまうかもしれないのです。皆に羨ましいと思われたい、自分のSNSを見返すと自慢ばかりになっている…という方は、日常生活のちょっとした方法で自己顕示欲を満たしてあげましょう。

“自己顕示欲”が強すぎて嫌われ女子に…

自己顕示欲は承認欲求とも呼ばれ誰もが持つ欲の一種であり、認められたいという気持ちのあらわれです。満たすために自己アピールに走りますが、近代で最も簡単にアピール出来るのがSNSなのです。「プレゼントを貰った」「高級なお店で食事をした」「仕事やプライベートで多忙」「人脈が広い」などを頻繁にアップしている方は要注意です。自己評価より他者評価を重視するため、周りからしてみれば「また自慢?もういいよ」と思われる傾向にあるのです。

日常生活をよりよく見せたい、「羨ましい」の言葉が欲しくて投稿してしまうというのであれば、嫌われ女子になってしまう前に日頃の生活で本当の意味での自己顕示欲を満たしてあげましょう。

日常生活で簡単に自己顕示欲を満たす方法・抑える方法

▼一日一善。「ありがとう」を言ってもらう

自慢をして周りから「いいなあ」「凄いなあ」と言われても、心が満たされずにもっともっと欲深になっていませんか?承認欲求を満たす簡単な方法は「ありがとう」と言ってもらう事です。ありがとうの言葉一つで自分は役に立っている、存在していると感じられる上、良い事をすれば相手にもプラスになりますよね。

▼些細な事でも自分を褒めて1日を締める

自己顕示欲は誰でも持っている欲ですので常に満たしておくというのは不可能です。そして更に、自己顕示欲が強い人は他者評価を気にしすぎて自己評価を疎かにしてしまいがちなので余計に貪欲になってしまうのです。他者よりまずは自分で自分を褒めてあげましょう。「今日はいつもより多く歩いた」「時間より早く仕事を終えた」など何でもいいので一日の締めは褒めの言葉で終わりましょう。

▼たった一つでもOK、継続し自信をつける

SNSでアピールをしてしまう人は「沢山アピールしないと注目されない」という、ある意味自信のなさから来ています。そんな方が自信をつけるには、継続する事、または結果を出す事です。「プレゼントされた」などのしてもらった事による特別感ではなく、自分で動いた結果こうなったという成果ならば自慢としては認識されず、また結果が出ていなくても何でもいいので毎日一つでも継続出来る事があれば自信につながっていきますよ。

▼自分の好きな物を書き出してみる

自己顕示欲が強い人の特徴の一つが自分は他の人とは違うという強い気持ちです。しかし特別感を求めているのに、他人の目線が気になるため流行りのファッションに身を包んだり、流行りの食べ物を食べに行くなど流行を追う矛盾が生じるのです。流行に流されず、本当に自分が好きな物を書き出してみましょう。そうすると自分自身と向き合え、自分を取り戻していくことが出来ますよ。

自己顕示欲が全く悪いという訳ではありません。適度な欲は気力を与え活動的に変えてくれるのです。しかし、強すぎると嫌われ傾向にあるのもまた事実、ぜひ日常的に行える4つの方法で自己顕示欲を満たしてみてはいかがでしょうか?♡

Written bylily

by.Sトレンド編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column