家計簿面倒臭いズボラ女子に贈る節約術。「1日1000円ルール」で簡単に食費を抑えて無理のない貯金テクニック

2017.02.23

毎月の食費、どのくらい使っていますか?あまり気に留めずに食べたい料理を作ったり、外食ばかりしていると大きな出費になってしまいますよね。かといって家計簿をつけるのは面倒臭い…。
そんなズボラ女子に贈る節約術が「1日1000円ルール」。家計簿ナシで食費月3万円以内を目指しましょう。

美容代足りてますか?

ユニクロ・GU等のプチプラファッション、キャンメイク・セザンヌ等のプチプラコスメを使い賢くトレンドを取り入れていると思います。しかし、定番アイテムや本気の美容グッズにはお金をかけたいものですよね。

とはいえ湯水のように湧き出るほどお金があるわけではありません。美容代を確保するために節約できる部分はしっかりと締めていきたいところ。

効果を感じやすい食費を節約してみませんか?毎月の食費が3万円以上の方必見の簡単節約ルールをご紹介します。

家計簿ナシでOK!1日1000円ルールで簡単節約

●毎月始めに30000円を食費用封筒に入れる

まず一月で使える金額30000円(日にち×1000円)を食費用に分けてしまいます。このお金でやりくりするという意識を高めましょう。

生活費と同じ財布のままだと、ちょこちょことした出費が重なりいつのまにか食費に結構かかっていた…ということがあると思います。それを防ぐためにも最初に分けてしまいましょう。

●1日1000円以内なら何に使ってもOK

ルールはとても簡単。1日1000円以内に食費を抑えるようにするだけです。むしろ1000円を使い切ってOKです。レシートをわざわざ取っておく必要もなく、家計簿をつける必要もナシ。面倒なことは一つもありません。

スーパーでは特売商品を買いその場で献立を決めれば値段の高いものや不必要なものを買わずに済みます。ネットで調べれば簡単にレシピも出てきます。料理の応用力もつくので将来的にも役立ちます。

1日単位で難しい場合は3日分まとめて3000円分の食料を購入しても○。トータルで考えましょう。

●人付き合いでの食事は思い切って交際費に

Pinned from apresfete.blogspot.com

  • like24
  • repin164

毎日毎日一人きりで食事をするわけではありませんよね。一緒にランチに行ったり、仕事終わりに飲みに行ったり、人付き合いは大切ですので、思い切って交際費として使いましょう。交際費も毎月〇〇円と設定しておくといいでしょう。

人それぞれライフスタイルは違います。1日1000円では厳しい時には変更してもOKです。普段使ってしまっている食費より抑えるということを目標にしてみてください。余計なものを買わなくなれば無駄に食べることも減り、摂取カロリーを減らすことにも繋がります。食費を浮かせて、その他の楽しみにお金をかけてみませんか?

Written bychocond

by.Sトレンド編集部

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend