3月は出費が多い季節だから…。金欠を回避、欲しい物を見極める“脱・浪費家”の4つの心得

お買い物をしては、毎月何かと「お金がない…」とぼやいていませんか?物欲は誰にでもあるものですが、出費が重なり余裕のない生活になってしまうのは避けたいですよね。そこで今回は、浪費癖を卒業するためのお買い物時に気をつけたい4つの心得をご紹介いたします。

2017.02.28 更新

年齢を重ねる事に貯蓄の大切さが分かってきますが、気に入った洋服を見つけるとついつい買ってしまったり、特に気に入った物がなくても出かけたからには買わなければ満足しない…という事はありませんか?物欲は誰しもが持つ欲ですが、時には自制心も大切です。お金と気持ちに余裕を持つため、4つの心得で浪費家を卒業しましょう。

「今月も金欠」その理由は“物欲”にあり

普通に働いているのに毎月のお金が足りなくなってしまうのは、必要最低費以外にお金が掛かりすぎているのかもしれません。春らしいワンピースを買った⇒それに合う靴が欲しい⇒靴を揃えるならバッグも…と、どんどん求める物が増えていませんか?お金がないと言っても家賃が払えないという方は少ないはず、しかし、物欲が収入を上回ってしまうと「お金が足りない」となってしまうのです。

お金を増やすという向上心もいいですが、心を豊かにするためにはカツカツの生活ではなく、今あるお金を上手に使う事も大切ですよ。

お金に余裕が…!浪費家を卒業する4つの心得

①:欲しい!と思ったら一旦お店を出る

浪費家には、衝動買いをしてしまうという方が多くいます。自分好みの洋服や靴を見つけると興奮状態になり、そのままレジへと進んでしまうのです。どんなに購入しようと思っても、一旦お店を出るようにしましょう。お店を出る事で冷静さを取り戻し、正しい判断をすることが出来ます。一旦店を出ても絶対に買いたいのであれば帰りにまた寄ればいいですし、何で買ってしまったんだろう…という後悔を防ぐことが出来ますよ。

②:ネットショッピングは実物を見てから

最近ではアプリでも簡単にネット購入が出来るようになりましたが、ボタンを押せば簡単にカートに商品が入ってしまうネットショッピングは浪費の元です。また、見ているだけで物欲がどんどん高まってしまうのも特徴です。ネットショッピングは実際に店舗で見たものか、ネットでしか買えないに限るものにしておきましょう。

③:お財布には必要額のみ、カードはNG

そうは言ってもどうしても買っちゃう…と言う方は、そもそもお金を入れないようにしましょう。また、クレジットカードなどは現金の持ち合わせがなくても買えてしまうのが難点です。買い物に行く時は、買うであろう物のおおよその金額のみを入れ、カード類は置いていきましょう。我慢が出来ないのであれば、まずは買えない状況をつくるのもポイントですよ。

④:買えるのは明確な目的を提示した物だけ

ショッピングは楽しいですが、目的のない買い物は要注意です。いつか使うだろう、流行だからとりあえず買っておこう、可愛いから着たい…と買う事が目的になってしまうと買い物にキリがありません。例えば、結婚式にいくからドレスがいる、仕事のファイルが入るようの大きなバッグが必要など買う目的がはっきりしている物は無駄買いではありません。手に入って嬉しい!ではなく、手に入れる事により自分がどうなるかも大切ですよ。

本当に要る物を買った時は、ただ単に買い物をした時よりも満足感が生まれます。最近無駄遣いが多いな…と感じる方は、ぜひ有意義な買い物へと切り替えてくださいね♡

Written bylily

by.Sトレンド編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column