麺はもう、カロリー0のコレで良い。夫が-10kgに成功したニッチェ江上"料理"

2017.03.03

2015年9月に一般の方と結婚し、幸せな日々を満喫しているニッチェ江上敬子さん。実はとても料理上手で、自身のブログには日々作った料理を披露しています。

そんな江上さんの作る手料理は、ボリューミーなのにヘルシーなものばかり。今回は、お得でヘルシーなしらたきを使った麺料理たちをご紹介します。

平野レミに教わった『カロリー0麺(れいめん)レシピ』

このカロリー0麺は、平野レミさんに教えてもらったレシピ

これが、さっぱりしててヘルシーなんだけど超美味しい

麺は白滝だけど、全く気にならないし、スープも最高

材料(2人前)
○白滝…2袋
○水…食べるどんぶりに半分くらい。今回は2人前なので×2杯
○酒…大さじ1
○鶏ささみ…二本
○ネギ…4分の一本
☆キムチの汁…小さじ1〜2
☆昆布茶(粉末昆布だし)…小さじ1〜2
☆酢…大さじ1
☆塩…小さじ半分
○ごま油…適量
○ゆで卵、キムチ、シソ、トマト、ゴマなど、トッピングはお好みで。

下処理:白滝を食べやすい長さに切って、軽く洗う。ネギは薄く斜め切り。ささみのスジをとっておく。

①水に酒を入れて、沸騰させる。火を止めてささみを入れてフタをし、10分〜15分放置。ささみを取りだして手で割いておく。

②茹で汁のアクを取り除いて、☆を入れて味見して、足りなければ塩や昆布茶を足す。火にかけて、ネギを入れて一煮立ちさせて、そこに白滝も入れて、白滝に少し火が通ったら火を止めて、粗熱をとり冷蔵庫で冷やしておく。

③冷えたら器に盛り、割いたささみやトッピングものせて、ごま油少々をまわしかける。

出来上がり

だし汁の中で白滝に火を入れることにより、白滝臭さがなくなります

これをするとしないでは、冷麺ぽさが全然違いますよ

肉味噌にコダワリあり。『しらたきジャージャー麺』

材料
(肉味噌)
○挽き肉(どんな挽き肉でもいいです)…400gくらい
○しょうが…ふたかけくらい
○にんにく…ふたかけくらい
○ネギ…半本くらい
○豆板醤…小さじ1
☆甜麺醤or赤味噌…大さじ3~5
☆醤油…大さじ1
☆砂糖(うちはラカントを使ってます)…大さじ3
☆酒…大さじ1
○鶏がらスープ…2カップ(400cc)のお湯に、大さじ1の粉末鶏がらスープを混ぜたもの。
○水溶き片栗粉…大さじ3~5の片栗粉を、同量の水で混ぜたもの。

(その他)
○しらたき…1人一袋だとして、食べる人数分。
○きゅうり…適量
○白髪ねぎ…肉味噌に使って残った量
○温泉卵…人数分

①ごま油で、にんにく、しょうがのみじん切りを香りが出るまで炒め、そこに豆板醤も入れて香りを出す。挽き肉を入れて、まんべんなく火が通るまで炒める。

②①に、☆を合わせたものを加えて、ネギのみじん切りも加えてしばらく炒め、鶏がらスープを加えて少し煮立てる。火を止めて、水溶き片栗粉でトロミをつけ、(結構もったりするまでつける)もう一度火を入れてしばらくくつくつさせる。

③しらたきは水洗いして、フライパンでしっかりと乾煎りする。途中、水が出てきたらキッチンペーパーなどでふき取る。お皿に盛って、上に肉味噌をかけ、細切りしたきゅうりや白髪ねぎ、温泉卵をトッピングする。

白滝でも応用可能みたい。『納豆と豆乳の担々麺風』

納豆と豆乳の担々麺風うどん
うろ覚えだったけど、めちゃ美味しく出来ました

テレビで見たのは確か麺が白滝で、ダイエットに最適なメニューだったような

匂いにつられて起きてきたヒロさん。。
Tシャツのメロン熊もうどん食べたそうだね。。

材料(2人分)
○うどん…2玉
○納豆…2パック
○豆乳(成分無調整)…食べる丼の8分目くらい
○水…食べる丼の8分目くらい
○豆板醤…小さじ半分くらい
○味噌…大さじ1
○鶏ガラスープの素…小さじ1
○すりゴマ…大さじ2
○ニラ…ひと摑みくらい
○ラー油…お好みで

①鍋にごま油をしき、豆板醤を香りが出てくるまで中火で炒める。そこにタレを混ぜた納豆を入れ、少しカラッとするまでしばらく炒める。

②そこに豆乳と水を入れて、沸騰したら火を弱め、鶏ガラスープの元、味噌、すりゴマを入れる。味見をして調整してから、5センチくらいに切ったニラを入れ、火を止めて余熱でニラに火を通す。

③あらかじめ茹でるかレンジでチンしたうどんを器に入れて、スープを注ぐ。お好みでラー油をたらす。

出来上がり


納豆のおかげでトロミがついて、最高ですもっと濃厚にしたかったら、豆乳の量を増やして下さいな

いかがでしたか?是非参考にしてみてくださいね。

そんなニッチェ江上敬子さんのプライベートが覗けるAmeba公式ブログはこちらからご覧になれます。ぜひチェックしてみてください。

◆ニッチェ 江上敬子オフィシャルブログ

Written bys

by.Sトレンド編集部

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend