「エネルギーマネージメントで可能性を最大限に」じゃらん編集長大橋菜央さんの“仕事の流儀”

旅行雑誌『じゃらん』の美人編集長として、TVや雑誌などさまざまなメディアにひっぱりだこな大橋菜央さん。入社7年目で人気雑誌の看板を背負い、今もトップとして業界の先頭を走り続ける大橋さんに“仕事の流儀”を聞いてみました。

PR:キリンビバレッジ株式会社

2017.04.14 更新

旅行雑誌『じゃらん』編集長として大活躍の大橋菜央さん。入社7年目にして有名誌の看板を背負い、様々なメディアにも登場する多忙なキャリアウーマンです。働く女性たちの憧れ、大橋さんの“仕事の流儀”とは。

「なんとかなるさ」を信条にメディアを引っ張る敏腕編集長

今年で社会人12年目。これまで働いてきた経験上、どんな大変なことがあっても結局はなんとかできるという自信がついてきました。だから、ピンチだと思ったときこそ「なんとかなるさ」と考えるようにしています。編集長という立場上、自分が不安がっていたら部下たちにもそれが伝わってしまうわけですし、思い通りにならないことは当たり前。その中で道を切り開いて行くことが仕事だと思ってます。

出典 編集部取材

そう語る大橋さんは、20代で有名旅行雑誌『じゃらん』の編集長に抜擢された若手エリート。(株)リクルートライフスタイルに入社してホテル営業を2年半、その後メディアづくりやネット集客、経営企画などを経験ののち、入社7年目で本誌の編集長およびグループマネージャーに就任しました。

好きな仕事をしてると一生懸命になれるので、どんなに大変でもその分成長できる楽しさがあると思っているんです。

出典 編集部取材

「大好きな旅を仕事にすることは、楽しいことでしかない」と言う大橋さん。前例のないトラブルに見舞われても、プレッシャーに負けてしまいそうなときでも、いつでも仕事を楽しむ準備はできている。そんな大橋さんが心がけていることを聞いてみました。

大橋菜央さんの”仕事”にまつわる5つのこだわり

多忙な編集長 大橋菜央さんが、仕事をするうえで大切にしていることとは? 気になる5つのキーワードについて聞いてみました。

# COORDINATE

ユニークなアクセサリーが好きなので、服は極力シンプルにしてアクセサリーで遊びを楽しむことが多いですね。1日中着て過ごすものなので、着心地の良さやリラックスできるかどうかを第一優先に。あとは編集長という肩書もあるので、一応きちんと感は意識しています(笑)

出典 編集部取材

ゆったりシルエットのファッションでも、すっきり見せが叶うのは大橋さんの姿勢が美しいから。ビジネスの場では凛とした印象を残したいものです。

# MAKE

CHANELの444という赤いリップを愛用しています。自分の中でキリッと引き締まる感じがするのですごく好きなんです。あと、パソコン作業で手元が見えるのでネイルは自分の好きな色を塗ることでテンションをあげるようにしてます。色はその時の感覚でビビっときたものを選びます。

出典 編集部取材

リップカラーを変えることで気持ちまでいつもと違ってくるから不思議。勝負カラーのリップを1本ポーチに忍ばせて。

# BREAKFAST

野菜とヨーグルトが定番の朝食メニューです。特にモチベーションをあげたい日は、フルーツを追加したり、大好きなフレンチトーストを投入したり。あとランチのお弁当は、毎日旦那さんが作ってくれています。それも野菜中心の栄養バランスが良いサラダとスープという組み合わせ。栄養バランスが良くないと、頭が働かない気がするので、睡眠と栄養は強く意識しています。

出典 編集部取材

午前中の仕事の効率アップには外せない朝食。お気に入りの朝食メニューを用意して早起きを楽しみにしてみて。

# TRIP

週末はプライベートで大好きな旅行に出かけます。私にとっての旅行は、オンとオフを切り替えてエネルギーマネージメントをするためのもの。
「エネルギーマネージメント」とは簡単に言うと自分のエネルギーをどの時間にどのように使うか管理すること。私の場合、平日は22:30に寝て朝の5:30には起床しているんですが、そのサイクルが無いと、エネルギーが最大化しません。あとは、頭の働く午前中に判断の必要な仕事をして、午後の頭が働かなくなっているときは単純な作業をまわすみたいな、そういうエネルギーの使い方みたいなものを意識してますね。

出典 編集部取材

自分の持っている力をしっかりマネージメントして、持っている以上のパフォーマンスを引き出す。つい頑張りすぎてしまう人ほど心がけてみて。

# REFRESH

オンタイムでは、手軽に気持ちを切り替えるというのが大事だと思っているので、自分の好きな香りのハンドクリームやスプレーを使って癒されるようにしてますね。香りのいい飲み物も活用してます。

出典 編集部取材

ハンドクリームのほか、香りの良い飲み物でリフレッシュすることも多いという大橋さん。最近愛飲しているのは『キリン 午後の紅茶 Fruit and Tea リフレッシングピーチ』

女性って香りで癒される部分ってすごく多いですよね。この『午後の紅茶 Fruits and Tea リフレッシングピーチ』は、紅茶の茶葉の香りとピーチのフルーティーな香りが、リフレッシュさせてくれるので、一気に切り替えたいときとか、一息つきたいときにぴったりだと思います。甘さも控えめですっきり飲めるので、仕事中や考え事をするときでも邪魔にならないのもうれしいです。

出典 編集部取材

ワークシーンのリフレッシュに『キリン 午後の紅茶 Fruits and Tea リフレッシングピーチ』

この春リニューアルされた『午後の紅茶 Fruits and Tea リフレッシングピーチ』

ヌワラエリア産の清々しい本格茶葉を使用(*1)。人工甘味料を使わずてんさい糖で(*2)仕上げたほのかな甘みと、白桃の華やかな香り(*3)が仕事の合間のリフレッシュにもぴったりなのです。
*1 15%以上 *2 53% *3 果汁1%

大橋さんの“仕事の流儀”は、休息やリフレッシュを上手に活用して自分のエネルギーを最大化できるようマネジメントすること。「目の前のタスクに振り回されっぱなし」なんて人は、手軽に持ち歩ける『午後の紅茶 Fruits and Tea リフレッシングピーチ』を飲んで上手にリフレッシュすることからはじめてみて。

Sponsored by キリンビバレッジ株式会社

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

RANKING

人気記事

THEME

話題のテーマ

RECOMMEND

関連記事

Official Column