「プラトニックセックス」主演女優の加賀美早紀、子宮頸がんステージIIIである事を告白

故・飯島愛さん原作の映画「プラトニック・セックス」の主演でデビューし、現在は姉ageha専属モデルとしても活動する香乃さき(加賀美早紀)さんが、先日、子宮頚がんを発症していることをブログで明かしました。

2017.03.22 更新

故・飯島愛さん原作の映画「プラトニック・セックス」の主演でデビューし、現在は姉ageha専属モデルとしても活動する香乃さき(加賀美早紀)さん。プライベートでは2015年に一般男性と結婚し、公私共に充実している香乃さんですが、先日、子宮頚がんを発症していることをブログで明かしました。

そんな香乃さんの現在の病状と、発表に至るまでの経緯とは‥

姉ageha

まだまだ未熟者ではありますがこの数年の中で彼と築き上げた暮らしをより良く継続していければと思います

今日
このご報告が出来たのは
関係者の皆様
ファンの皆様のおかげです

心より感謝致します。

昔からの夢だった家庭を持つ事が出来ました❤️

2001年、飯島愛の自伝『プラトニック・セックス』の映画化主演女優オーディションで選ばれデビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した香乃さん。2013年より姉agehaの専属モデルとして活動し、2015年には一般男性と結婚しました。

2016年11月、役者引退後初の舞台出演が決まり女優名を改名

まだ先の話ではありますが、
この度、
舞台出演する運びとなりました。

役者として
引退してから5年の月日が経ち、
その間も有難いことに、
お声を頂いた数々の素敵な映画がありました。
しかし私が至らないばかりに
出演出来ず、
悲しくて悔しくて
号泣した日々もありました。

そこで気付きました

やっぱり芝居が大好きだということ

女優名に限っては、
加賀美早紀
ではなく、
香乃さき
に変わりました。

ゼロからの新人さんです
これから宜しくお願い致します☺︎

2016年11月に、久々の舞台出演が決まった事をブログに綴った香乃さん。合わせて、女優名に限って加賀美早紀ではなく香乃さきで活動する事を発表しました。

舞台出演決定から数日後、子宮頸がんを発症していたことが判明

子宮頚がん
を言われたのが
舞台決まってから数日後のこと

体が第一だけど
それよりもやりたかった

芝居をすること


だから
仮に進行が早かったとしても
降板したくなかった

過去に、別の病気で"余命3ヶ月宣告"をされた事があった

私は昔
余命宣告をされ
あと三ヶ月と言われました


その病気から
数年が経ち
まだ生きられています

子宮頚がんのステージIIIで身体は悲鳴をあげつつも、無事千秋楽を迎える

そこで
今回
突然の
子宮頚がんのステージIII

疲れやすくて
貧血も起こすし
鼻血出すし
稽古しても
体の悲鳴は聞こえてきて

殺陣があると聞いていたから
体力つけてきてたけど
気休めにしかならず笑
気持ちに反して伴わず
本番に向けてセーブしてやってしまうひ弱さに
まあ何度か泣いたよね

限界が迎えた中での本番

ダサい姿お見せしましたが
それでもなんとか
千秋楽を迎えました

「怖いけれど、大丈夫。」これから精密検査に入る香乃さき

これから
また
精密検査に入ります

怖いけれど
大丈夫

女の子達
検査は必ずしてね


守るのは自分だよ

無理しないで労ってあげてね

元気な赤ちゃん産もうねー

このほかにも香乃さきさんのプライベートが覗けるAmebaオフィシャルブログはこちらからご覧になれます。ぜひチェックしてみてくださいね。

◆香乃さきオフィシャルブログ

Written bys

by.Sトレンド編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    芸能人トピックス

    • NEWHOT
    • NEWHOT
    • 市川海老蔵

      アメーバMVB

      市川海老蔵

    • {{talent.nick_name}}
      王冠 state

    • {{talent.nick_name}}
      state

    • {{talent.nick_name}}
      state

    • {{talent.nick_name}}
      state

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column