「俺の方こそ…」と彼も思わず許しちゃう。ギスギスな雰囲気をつくらない、大人女子の上手な謝り方

普段は仲が良くても長い時間一緒にいれば何かと衝突する事もありますよね。しかし、大人になればなる程「ごめん」の一言が言えなくなっていませんか?たった一言ですが、その謝り方次第で彼が受ける印象は大きく変わってくるのです。そこで今回は、彼も思わず許してしまう上手な謝り方をご紹介いたします

2017.03.28 更新

生理で八つ当たりしてしまった、気持ちを分かってくれない彼にイライラする…など、悪気はなくても喧嘩をしてしまう事はありますよね。また、意見の相違で衝突をしてしまう事も長く付き合っていく上では避けられない問題ではないでしょうか?しかし、起きてしまったものはしょうがありません。その後を円満におさめるのは、貴女の切り出す「ごめん」の謝り方次第なのです。

いくつになっても「ごめん」の一言が心を変える

大人になると幼いころのように簡単に「ごめん」が言えない…という方も少なくありません。しかし、自分の非を認め謝る事が出来るのが大人の女性です。また、彼にも非があると思っても喧嘩の場合どちらかだけ悪いという事はありません。むしろ貴女の一言で「俺の方こそごめんね」と彼が歩み寄ってくれる素直さを持つ事が大切なのです。

彼との関係を円満に、大人女子の上手な謝り方

①:言い訳はなし×事実に対して謝る

例えば電車が遅れた、道が混んでたなど、早めに家を出たにも関わらず遅刻してしまったという時、女性は「こんな事があって大変だった!」と経緯を話したくなりますよね。女性は過程を重視する傾向にあるため、遅れた理由を話したがります。しかし、男性の脳は結果と事実を重視するため、遅れてしまった事に対しての謝罪が必要なのです。

まずは「遅れてごめんなさい」など、彼に対して行ってしまった事実のみを謝罪しましょう。その方が彼も素直に許しやすいですし、後でどうしたの?と聞かれたときに理由を話せばいいですよ。

②:冷静になって自分の行動を省みる

女性には気をつけていても生理の関係上無性にイライラしたり情緒が安定しない時ってありますよね。そこで彼に八つ当たりしてしまい、喧嘩になった…という経験がある方もいるのではないでしょうか?その時は「何で分かってくれないの?!」と思うかもしれませんが、冷静になると彼に悪かったなと思えるはずです。

そんな時は、素直に謝るのは勿論、自分がどういう行動をとったのか理解した上で反省しているという事を彼に伝えると◎です。きちんと分かってくれていると彼が感じれば、彼も安心出来ますし、貴女を理解してくれますよ。

③:謝ったら一旦ひく

素直に謝った後お互いが普通になれればいいですが、謝られたからと言ってすぐにニコニコは出来ない…という男性もいます。そういう場合は許されるまで謝り続けるより、誠意をもって謝った後に一旦距離をおきましょう。距離を置くと言っても長い事会わないのではなく、簡単にいうと放置するということです。

放置している間に彼も冷静になれますし、貴女の謝罪を受け止め始めます。また、私は謝ってるじゃん!という二次喧嘩を防ぐことが出来ますよ。

彼にペコペコする必要はありませんが、自分が悪いと思ったらまずは素直に謝る事が大切です。些細な出来事が大事になってしまわない様に、上手な謝り方で彼との時間を円満に過ごしてくださいね♡

Written bylily

by.Sトレンド編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column