出来るオンナは魅力的。お局化ルートを回避…、後輩から信頼される“素敵な先輩”5ヶ条

新社会人が入社してくる春。自分が入社した時の事を思い出してみると、ちょっと嫌だな…と思う先輩と、憧れるな~と感じる先輩がいませんでしたか?上司や先輩との人間関係も大切ですが、後輩との信頼関係もきちんと築いていきましょう。今回は、後輩から慕われる“素敵な先輩5ヶ条”をご紹介いたします。

2017.04.03 更新

社会で受けるストレスは様々で、女性の場合その多くは人間関係が原因と言われています。今までは先輩に対して嫌だな~と感じる側だったかもしれませんが、新入社員が入ってくると、自分の振る舞い方次第でお局様のレッテルを貼られてしまうかもしれません…。仕事が出来るのは勿論必要条件ですが、それだけでなくこの人は信頼できる…、将来こうなりたい!と思ってもらえるように、素敵な先輩を目指しませんか?

会社の後輩から信頼される“憧れの女性”5ヶ条

①:自分で模範を示すこと

自分の方が立場が上という状況を鼻にかけ、エラそうな振る舞いをしたり、後輩に注意ばかりしていると「そういう貴女はどうなの?」と思われてしまいます。何をするにしても、後輩には自ら模範を示す事が大切です。納期などのルールを守るのは勿論、社会人としてのマナーも実践して指導していきましょう。自分が出来ていない事を注意しても後輩からは反感を買うだけです。

②:年齢を理由にしない

若く見られたいのが女心ですが、自分より若い女性を見ると「若いわ~」とか「私も年取ったな~自分を年齢で卑下していませんか?尊敬できる女性は年齢関係なく成長し続けているものです。また、いきいきした女性は幾つになってもお姉さんと呼ばれるものです。「若いんだから貴女がしてよ」など、年齢を理由に使うと自ら後輩にオバサンの印象を与えてしまいますし、憧れの印象とはかけ離れてしまいますよ。

③:こちらから声をかけてあげる

後輩なんだからそっちから挨拶しなさいよ、というスタンスでは後輩も恐縮してしまいます。貴女の方が先に目に入ったなら、待つのではなく先にあいさつしましょう。あいさつだけでなく、きちんと目を見て話をきいたり、きちんと相槌を打つことで後輩からの信頼を得る事が出来ます。また、後輩の様子がおかしいなと感じたら「どうかした?」と一言声をかけてあげると頼りになる先輩だなと思われますよ。

④:悩みには耳を傾けミラーリング

入社したての頃は学生との違いに悩みやストレスを抱えていませんでしたか?経験者としてアドバイスするのも良いですが、「それは仕方ない事だよ」「慣れるまで頑張れ」と言われると貴女に壁を感じてしまうかもしれません。まずは悩みを一旦受け止めるため、後輩の言葉を繰り返してあげましょう。「○○はこう思ってるのね」「こう感じているのね」と確認してあげる事で後輩は分かってくれてると安心できます。そしてその工程を経て自らの経験談を話してあげてくださいね。

⑤:後輩の前では常にポジティブに

貴女の姿は後輩の数年後の姿でもあります。貴女があまりにもネガティブな雰囲気を出していたり、グチやイライラを募らせていたら「私もあんな風になるなんて嫌だ…」と思わせてしまいますよ。いつでも明るくキラキラとした社会人生活を送っている貴女を見て、「私も数年後にはあんな風になれるのかな?」と思われるような行動をとりましょう。

また、素敵な先輩になるには仕事だけでなくプライベートも充実させる事がポイントです。仕事だけが自分の世界にならないように、外にも視野を広げる事で理解も深まります。ぜひ、5ヶ条をヒントに素敵な先輩を目指してみてくださいね♡

Written bylily

by.Sトレンド編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column