メイクのプロ×毛穴博士が語る。隠せない鼻の“ポツポツ毛穴”、本当はどうしたらいいの?

PR:株式会社イプサ

出典: Ataka/Shutterstock.com

取っても取ってもすぐに復活する鼻の角栓黒ずみは、女性の大敵。日頃モデルのメイクアップを手がける佐々木貞江さんも、毛穴ケアの大切さを実感されているようです。繰り返すトラブルと決別する方法とは? イプサの“毛穴博士”こと飯田さんに、お話を伺ってきました。

メイクのプロ×毛穴博士が語る。“毛穴ケア”の真実

今回対談を行ったのは、名だたる女優やモデルのメイクを手がけるメイクアップアーティスト・佐々木貞江さんと、資生堂で皮膚科学の研究に従事し、“毛穴博士”としてテレビ出演などもこなす飯田年似さん

出典: 編集部撮影

佐々木さん:鼻って顔の真ん中にあるので、真っ先に目に付きますよね。モデルさんが「きれいにメイクできてるかな?」と鏡でチェックするときも、やっぱり顔の中心から。人に与える印象に、大きく影響すると思います。

出典: 編集部撮影

毛穴博士:美白ケアが当たり前になって、ベースの肌色が白くなってきているから、余計気になるのもありますね。ちょっとした鼻の黒ずみに、悩みやすくなっている。

佐々木さん:雑誌なんかを見ていても、悩みの上位に必ず入りますよね。毛穴のことを気にする女性が増えている気がします。

◆ 取っても取ってもキリがない、“角栓”のお悩み

出典: Yuliya Yafimik/Shutterstock.com

佐々木さん:そもそも、鼻の毛穴はどうして目立ってしまうんでしょう?

毛穴博士:毛穴に詰まる「角栓」は、毛穴のなかで古くなった「角質」が「皮脂」と混ざり合ってできたもの。鼻は皮脂の分泌量が多いので、角栓が発達する部分なんです。

佐々木さん:年齢とも関係するんでしょうか?

毛穴博士:そうですね。赤ちゃんって、毛穴がほとんど目立たないでしょう? でも、毛穴の数自体は赤ちゃんも大人も変わらないと言われています。変わるのは皮脂の分泌量。さらに、歳とともに表れる皮膚のたるみも、毛穴を楕円形に大きく見せてしまう原因だと言われています。

出典: natu/Shutterstock.com

佐々木さん:鼻の角栓って、パックなどで取り除く方法があると思いますが、すぐに復活してしまってキリがない…というお悩みが多いですよね。

毛穴博士:研究所で鼻の角栓を採取して調べたところ、角栓は皮脂と角層が年輪状に重なった構造をしていることがわかりました。なので、角栓を奥からきちんと取り除くのは実は難しく、肌表面から出ている部分しか取り切れていないことが多いです。奥に詰まったままの角栓にさらに皮脂や不要な角層が溜まり始め、これを繰り返した結果角栓が肥大化し、毛穴が押し広げられてしまうんです。

◆ 黒ずみの原因は、まさかの◯◯?

出典: pedphoto36pm/Shutterstock.com

佐々木さん:なかでも、黒ずんでしまう角栓は、メイクをする上でも厄介。白いものとの違いは何なのでしょう?

毛穴博士:黒い角栓は「角栓が空気に触れて酸化して、黒く変色したもの」なんていう話もありますが…実は黒い角栓と白い角栓を採取して調べたところ、白い角栓のなかには産毛が1本しかなかったのに対して、黒い角栓のなかには29本もの産毛が詰まっていた、という例があるんです。

佐々木さん:29本も!?

毛穴博士:もちろん生えているわけではなく、抜けた産毛がどんどん角栓に絡まっているんです。日本人は特に産毛が黒いので、欧米の方に比べて毛穴の黒ずみが目立ってしまうんですね。

佐々木さん:フェイシャル脱毛をしている人の肌が綺麗なのは、そういう理由もあったんですね。

◆ 隠せない“ポツポツ毛穴”…本当はどうしたらいいの?

出典: wavebreakmedia/Shutterstock.com

佐々木さん:しかし年齢とともに目立ってしまうとなると、ケアしないわけにはいきませんよね。

毛穴博士:押し出したり強引にはがすようなケアを頻繁にやると、角層を傷めてしまう恐れがあります。それに、表面的に取るだけではまたすぐに出てきてしまう。なんとか角栓の成長を抑えることはできないかな、というのが私たちの課題で、製品開発に役立てているところでもあります。

佐々木さん:毛穴の研究をされている博士から見て、どんなケアが有効なんでしょう?

毛穴博士:角栓はどうしても溜まってしまうものなので、今詰まっているものは取り除きながら、成長のスピードを遅らせる製品を使うのがおすすめですね。また、毎日のメイク汚れが蓄積しないよう丁寧に洗顔をしたり、糖分を多く含む食事を控えたりすることも大切ですよ。

出典: Subbotina Anna/Shutterstock.com

「毛穴ケアしてもすぐに目立ってきてしまう…」というあなたは、今までのケア方法を疑ってみて。皮脂の分泌が増える夏がやってくる前に、メイクが映える美肌を目指しましょう。

◼︎ 佐々木貞江
現在フリーランスとして、さまざまな広告、CF、ファッション・ビューティ誌等を中心に活躍。女性らしいしなやかさの中に、“大人の可愛さ”を兼ね備えたメイクを得意とする。被写体を最大限に輝かせるメイクに、女優、モデルの​支持​多数。

◼︎ 毛穴博士 飯田年似

1986年、資生堂リサーチセンターにて医薬品素材開発に従事。現在は薬剤開発、皮膚科学の研究に従事し、主に毛穴、皮脂、にきび、肌荒れなどに関わる研究を行う。イプサ、アクアレーベル、エリクシールシュペリエル、クレドポーボーデなど多くの製品に寄与。

Sponsored by 株式会社イプサ

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。