実はキツくなる春の足臭。足元から来る不快な臭いは、使用済みの○○をお風呂にINでリセットする

2017.04.20

家に帰宅しソファーでくつろいでいる時に、足元から来る不快な臭いに「うっ…」と感じたことはありませんか?臭いは想像以上に貴女の印象に影響を与えています。春の足の臭いを侮り、積もりに積もって周囲に悪臭を放っている…なんて事にならないように、不快な臭いはその日のうちにしっかりとリセットしておきましょう。

誰でも臭う可能性あり、春は足が臭くなりやすい季節

実は春は1年の中でも体臭がキツくなる季節と言われており、特に冬に汗をかく機会がなかった方は、汗腺の機能が弱まりベタベタとした臭いを放ちやすいのです。また、引っ越しや新しい出会いなどによるストレスを感じやすい春は、臭いの強い汗を足の裏から放っている可能性があるのです。

洗っても落ちにくい足の臭い…

綺麗に足を洗ったはずなのに、お風呂上りに臭いを嗅いでみるとほのかに悪臭が…という経験はありませんか?足の臭いはイソ吉草酸という物質が発生しているとされており、このイソ吉草酸は特定悪臭物質に指定され洗っても落ちにくい事で有名なのです。

足の臭いは使用済みの紅茶パックをお風呂にINが◎

臭いがとれないからと言ってゴシゴシと力任せに洗うと足裏が荒れてしまったり、余計に臭いを放つ原因になってしまいます。そもそもの原因は汗と角質、そして雑菌です。高温多湿な足裏は正に臭いの温床、そしてそれを防いでくれるのが紅茶に含まれるタンニン酸という成分なのです。

▼紅茶風呂のやり方

①お風呂の温度を38度に設定。

②使用済みティーバッグを2~3個お湯に入れる。

足の臭いが気になる時は勿論、消臭効果があるので沢山汗をかいたなという日もおすすめですよ。使用済みでOKなので、金銭面の負担にもならないのも嬉しいですよね。注意点は、ノンシュガーのものを選ぶことと、浴槽を傷めない様に流した後はすぐに掃除をしてくださいね。

▼臭いが気になる時は洗面器で足湯もOK

①洗面器に40度くらいのお湯を足が浸かるまで入れる。

②ティーカップに濃い目の紅茶を作る(使用済みを再利用でOK)

③30分ほど足をつけておく。

1人暮らしで湯船に浸かる習慣がない、暑くて入りたくないという時は足湯をしてみましょう。つけておくだけなので、読書やテレビを見ながらも行えますし、量も要らないのでお手軽ですよ。

臭いはデリケートな問題なので、中々他人に指摘しづらいですよね。自他共に不快感を阻止するため、足が臭う…と気になった日は、ぜひ紅茶風呂を試してみてはいかがでしょうか?♡

Written bylily

by.Sトレンド編集部

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend