あなたの“定番アウター”は何?こなれコーデのプロ・吉田怜香は「紺ブレザー」を指名

2017.05.22

ライダースジャケットやトレンチコート。誰もが1枚は持っているであろう、毎年活躍する定番のアウター。こなれコーデにフォロワーが後を絶えないLIFE'sディレクター・吉田怜香さんは紺のブレザーを愛用してるみたい。

かっちりとしたきれいめな紺ブレザーを、こなれのプロはどう着こなしてる?

コーデの“ギャップ”づくりに最適

金ボタンの紺ブレは、ワードローブのひとつ。

コメント: 吉田怜香さん

紺のブレザーは、かっちり見えるきれいめアイテムだからこそ、吉田さんお得意の“ハズしコーデ”が映えるそう。きれいめアイテムをそのままきれいに着るのではなく、あえてカジュアルな服と合わせてハズすことが、上級者見せするポイント。

トレンドのロゴTとも好相性

たとえば、流行中のロゴTシャツに紺ブレを羽織れば「カジュアル」と「きれい」のそれぞれが適度に崩れて、こなれ感がプラスされる。ラフなアイテムのハズしは、吉田さんらしいこなれ感。

定番アウターにはスペシャルな逸品を

さて、紺ブレを買うならば、どんなサイズ感がいい? 素材は? そんな疑問に吉田さんは「流行りすたりのない定番アイテムは、イイモノを買うべし」と提唱する。

イイモノとは、まず生地の質感。しわになりにくく、肩などが型くずれしない、ほどよい厚みのあるものがおすすめ。

また、裏地や内ポケットなど、内側のディテールまでこだわっているか確認するとベター。ボタンも、プチプラだとチープさが出やすい部分なので要注意。

そしてサイズ感は、肩幅を基準に選ぶのがポイント。

アウターは、ほかのアイテムよりも、ひとから見られる機会が多いもの。アウターで、そのひとの印象は決まると思います。

だからこそ、長く着られる上質なもののほうが、価値があるのではないでしょうか。

コメント: 吉田怜香さん

そんな定番アウターにぜひ取り入れてみてほしいのが、ハズしの名手・紺ブレザー。異なるテイストの掛け算でコーデをハズすにも、大人たるもの、きれいな一枚を持っておきたい。

今日覚えた、こなれ感を作る計算式はこんな感じ?

こだわりのきれい紺ブレザー × カジュアルアイテム = こなれハズしコーデ

すっかり暖かい日が多くなってきたけれど、寒暖差や冷房による冷え込みなど、なかなか手放せないアウター。紺ブレザーをさらりと羽織って、プロ直伝のこなれコーデを楽しんでみない?

取材協力 LIFE's director/吉田怜香

text : 有山千春

supervised by

LIFE's ディレクター
吉田 怜香

ライフスタイルショップ「LIFE's」ディレクター。私服やインテリアなど圧倒的なセンスで20〜30代の幅広い女性に支持されている。これまでに4冊の著書を出版。

吉田 怜香に関連する記事

Recommend