何枚持ってるの?と言わせたい。1枚のシャツをON・OFF着まわすコツを亀恭子が指南

2017.05.19

今季オフィスでもプライベートでも大活躍させたいシャツ。できることなら、1枚のシャツを賢く着まわして、別人のように見せたい。

人気スタイリストの亀恭子さんいわく、着まわしを狙うなら“素材”が重要。優秀素材と、平日・休日で着まわすコーデのポイントを教えてもらった。

# 平日・休日併用OKシャツの素材

平日・休日で同じシャツを着まわすなら、エアリーでやわらかなコットン生地が断然おすすめ。平日のオフィスシーンで、上品さや女性らしさをマークする“やわらかさ”と、休日のカジュアルスタイルにも振りやすい“コットン生地”が両立しているシャツを選んで。

# 平日は、品のある知的スタイル

平日のオフィスシーンには、上品さきちんと感が最重要ポイント。

1. シャツはパンツにインが鉄則。ベルトでウエストマークして、スタイルアップを狙って。
2. シャルのボタンは2個開け、程よい“抜け感”を演出。後ろに抜いても、きれい見え。

# 休日は、ルーズにカジュアルダウン

休日のコーディネートは、リラックスムードを大切にしたい。シャツの着こなしやボトムのキャラクター、小物を変えることで全く違った印象に。

1. ボタンは全部アウトして、アウターっぽくカジュアルダウンさせる。
2. 襟元をドロップさせ、空気を孕むようなルーズ感を出す。

亀さんは旅先でもシャツを。アウターやカーディガンのようにさらりと羽織れば、こなれ感のあるリゾートスタイルが仕上がる。

こんな辛口カジュアルコーデも素敵。トレンドの、裾カッティングデニムにポインテッドトゥのフラットシューズ。マリン帽・ライダース・シューズを黒で統一して、辛口に締めた、亀さんらしい大人リッチスタイル。

今年は、チョーカーやシルバーアクセサリー等、シャツと相性抜群なアクセサリーも注目されているので、ぜひチェックしてみて。別人見せコーディネートで「何枚シャツ持ってるの?」なんて言わせたいものね。

取材協力 Stylist/亀恭子

text : 高橋みな

Recommend