Tシャツコーデ、脱ワンパターンしたくない?人気スタイリストは“カラーT”で色遊びに夢中

2017.05.16

ロゴTやメッセージT、ロックTがいまブームに。シンプルな無地をはじめ、多様なデザインが魅力のTシャツ。季節を問わず着回しがきき、コーデの主役にも名脇役にもなるTシャツは、スタイリングに欠かせない頼もしい味方。年中安定した人気をキープするTシャツだが、やはり時代を反映したその年ならではのムードがある。

トレンドに寄り添った、今年らしいセンスが光るTシャツの着こなしとは? ここでは、エッジィな感性が人気のスタイリスト・MAIKOさんによる、脱・ワンパターンのコーデテクをご紹介。ベーシックアイテムは、ちょっとしたコツでおしゃれの感度を劇的に高めてくれる優れもの!

# 手に入れるべきはカラーT! 色で遊ぶのが春モード

出典: MAIKOさん私物 今季GETした2枚

ファッションのプロは、カラーTシャツに注目! ペールブルーやイエローなど、コーデのアクセントとしてカラーで遊ぶのが今年流。

デザインは大きな柄物より、無地やワンポイントがベター。ロゴTは、地色とロゴの色との配色にもこだわってチョイスしたい。

# 裾はフィーリングでボトムにイン

Tシャツの裾は、圧倒的にインの気分。アウトにしてボーイッシュに装うより、ボトムにすっきりとインする着こなしが最旬の気配。

また、Tシャツの色が引き立つよう、ボトムはブラックやグレーなどのダークカラーや、シルバーの箔プリントがおすすめ。定番のデニムに合わせて安全パイを狙うより、カラーTシャツとボトムが奏でるカラーコントラストを楽しむのが上級者。

# タイトなボトムとの掛け合わせは危険な予感…

Tシャツ×スキニーデニムのWタイトな組み合わせは、スタイルを気にするなら絶対に避けるべし。タイトなシルエットのトップスには、スカートやバギーパンツなど、ボリューム感のあるボトムを合わせることが、スタイルアップ成功の秘訣。

足元はレザー素材のシューズでエレガントな雰囲気をプラスしたり、ローファースリッポンを合わせてマニッシュな印象に仕上げたりと、外し要素も加えることができると完璧!

「色で遊んでボトムにイン!」を合言葉に、今季らしいひとくせあるTシャツスタイルをマスターしよう。

取材協力 Stylist/MAIKO

text : 松本美香

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend