自分ルールがありすぎてない?1人暮らしが長いあるある…、恋人と一緒に住めない人の為の4つのヒント

2017.04.27

自分の好きな時間に好きな事が出来る1人暮らしですが、そんな暮らしが続くと他人と一緒に住むのは無理…と感じ始める方も少なくありません。結婚すれば一緒に住む場合が殆どですが、結婚するカップルのおよそ7割近くは同棲を経ているという事実。彼の事は好きだけど何日も一緒にいるのは…という気持ちとは別れ、来たる日に向けて受け入れられる状態なっておきましょう。

「人と住めない…」1人暮らしが長い女性あるある

部屋の中では裸、食事は20時にする、トイレのドアは閉めない…など、1人の生活が長くなればなるほど、独自の決まり事が出来てきますよね。また、自分では意識してなくても、彼が自分のリズムと違う事をすると違和感を感じてしまうのです。自分のペースで生活出来ない事がストレスに感じてしまう方は心身ともに1人暮らしモードになっていませんか?

乱されたくない…人と住めない女性の為の4つのヒント

①:会話の量を“8:2”にする

まずは相手の事を知ることが大切です。彼の行動一つ一つに意味が合ったり、むしろ彼のルールに合わせる方がいい事もあるかもしれません。自分が自分がと相手の話を聞く事を疎かにしていませんか?相手8:自分2の割合になるような会話量を心がけると彼への理解が深まりますよ。

②:2人で一緒に新しいルールを作る

彼には彼の生き方がありますし、同じ環境で育ったわけではないので自分と彼のルールが異なるのは当たり前の事です。しかし、どちらかに無理に合わせようとするとストレスを感じ上手くいきません。既存の形に囚われるのではなく、2人で新しいルールを考え作る事で、割とすんなり自分の新ルールとして受け入れやすくなりますよ。また一から2人で作りあげていく点では新しい家に一緒に住むのもおすすめです。

③:連泊日数を徐々に増やしていく

急に明日から一緒に住む!となるとやはり気持ちの整理がつきにくいですよね。人と住めないという方は一緒にいる時間を徐々に増やしていきましょう。最初は一緒に一晩過ごす、次に朝ごはんを作ってあげて、更に仕事が終わったら一緒の家に帰るなど、1人暮らしモードから2人暮らしモードに慣れさせてあげましょう。

④:自分だけの空間を確保

人間一人の時間は大切ですよね。どんなに好きな人でも1人になりたい瞬間は誰にでもある事です。そこで家の中に自分だけの場所を作っておきましょう。自分の部屋があるのは◎ですが、もし部屋がなくても自分専用のソファーだったり、彼の立ち入らないキッチンだったり、落ち着く空間を持っておくのが重要ですよ。

1人暮らしが長くなる程、1人は楽に思えてくるものです。結婚はしたいけど一緒に住むのは…という方は、4つのヒントで2人暮らしモードに切り替えてみてはいかがでしょうか?♡

Written bylily

by.Sトレンド編集部

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend